♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2015年03月11日

フュージョンジャポネーズ in ミュールーズ

昨日からフランスのアルザス地方の街、ミュールーズに来ています。ミュールーズ大学のゼミの企画でのコンサートに招待されていて、フュージョンジャポネーズというタイトルで、ノルウェーでもご一緒したギター&三味線の辻さんと、箏のミヤザキミエコさんと、ここミュールーズで明後日木曜日、ストラスブールで金曜日、少しベルギーに向けて上昇し月曜日にルクセンブルグでのコンサートです。

大学のキャンパスの一角を借りて3日間の合宿練習。大学生に戻った気分です。私の大学は音楽学部以外もある総合大学だったからキャンパスの雰囲気がなんとなく懐かしいような、男子がいるから少し違うような。いつも割と年若く見られますが、真の若者に囲まれてると明らかな差が。瑞々しさが違いますね。やっぱり年とともに水分はなくなっていくのねぇ。

みっちり練習もあり疲れ気味なところ、今日はFrannce3の取材。TVカメラ入るしと化粧確認鏡を見たら、自分の顔に驚かされました。瑞々しい子達に囲まれちゃってるから自分もそのつもりでいたら大間違いヨ。「枯れた」という表現がまさにピッタリなお疲れ顔でした。お化粧で誤魔化そう。

辻さんとは何回か一緒に演奏してますが、今回は箏のミヤザキさんも交えてのセッション。辻さんと演奏するときも少しだけしてた即興ですが、今回は即興全開です。そう、民謡が色んな 形で変貌していく感じ。お二方とも即興がポンポン出来るからカッコいい。ミヤザキさんの持って来るテンションの高さに引き上げられて、私も頑張ろう。

故西澤先生はさりげなく渋い即興をされていたから、かっこいいなぁと昔から即興とかしたいという希望はありました。が、クラシック畑にいてもそういう機会はあんまりなく、少しだけバロック音楽や、トラベルソで曲<を装飾するのが限界だったから、新境地開拓を楽しんでおります。先生がされていた渋いJAZZ即興とはまた違う気もするけど(^^; クラシック畑出身なので、どうしても「もっと勉強しなくちゃ」って思うのだけど、今一番必要とされてるのは、明らかにコード力じゃなくてハジけ、ぶっ飛び力だわ。ネジ一本外して、ぶっ飛んで行こう。

篠笛(時々フルート)で沢山色々な新しい事が出来て楽しいですね〜。作品を解釈して練りこんで演奏するのも好きだけどね。来週はまたネジきちんとはめ直さないといけないし。好きなことだらけですね。

今日はミュールーズ大学の構内でプチデモンストレーション。
image.jpg

明日もみっちり練習で、明後日はコンサート。

頑張ろうるんるん



応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
Concert Fusions Japonais
3月12日(木) ミュールーズ
3月13日(金)ストラスブール
Facebook ページ
3月16日(月)@ ブルグリンスター城 in ルクセンブルグ
日本大使館ホームページ






posted by お喋り笛吹き at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:篠笛・日本音楽編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

音楽フェスティバル in ノルウェー

キャトルテンピのメンバーにして、マネジメント会社の女社長でもあるシャルロット。彼女のマネジメントの第一回目のフェスティバルでした。マネジメントも最初は内輪の音楽家だけでしたが、最近は古楽器オーケストラ(民俗音楽〜バロック音楽)のプロデュースも始めたようです。その他にもオスロのオペラハウスの企画に携わったり、最近ではノルウェーの音楽プロジェクトをドイツに持ち込むという企画だったかな?で、助成金を得てベルリンに3ヶ月滞在するなど、かなり「出来る女」なイメージです。

_1120067.JPG
ギター&三味線の辻さんと話すシャルロット

1年程前からフェスティバルするからとは言っていた彼女ですが、有言実行。エラい!開催場所は彼女の住む町トゥーンスベルグでした。もう何回か行ったので地理や、ショッピングモールの店の中身なんかも分かってきました。彼女は町中の至るところで、音楽があるようにしたいと言っていて、夢があって素敵です。コンサートは図書館、教会と、美術館でありました。私は4TEMPI、日本の音楽のコンサートとの2つの演奏会があり、どちらも教会で行われました。

11048661_10153162425259533_490077725757859980_n.jpg
町の中でA1巨大ポスター発見。トイレの壁に貼ってありました。

10959543_10153162425089533_3770423342411631577_n.jpg
冊子:Shinonomeという名の日本の音楽コンサート

10343048_10153162425164533_368410561917500759_n.jpg
冊子:4tempi

日本の音楽コンサートでは、毎回フルートの邦人作曲家の曲とか、尺八の曲とかをフルートで吹いたり、篠笛の独奏曲を吹いたりしてるのですが、今回は福島和夫さん作曲の冥を演奏しました。↓
vlcsnap-2015-03-04-23h26m45s114.png
現代曲だけどこういうコンセプトの中に入るといい感じに染まる、THE 日本な曲です。この曲はイタリア人の有名なフルーティストのために書かれたようですが、説明に冥=パラダイスって書いてあるんですよね。聞いて頂ければ分かりますが、かなりパラダイスのイメージから遠いのですが(^^;どちらかっていうと、三途の川辺りかな〜って勝手に思ってるのですが、外人さんにはなんと説明すれば宜しいのでしょうか。

他には尺八/箏の現代曲をギターとフルートで吹いたり、篠笛ソロ吹いたり、恒例の民謡吹いたり、お客さんに歌ってもらったり。篠笛のワークショップしてみたり。ノルウェーで初めて(4TEMPIのフルートアンサンブルでさくらさくら吹く以外で)日本の楽器吹いたりして楽しかったです。

今回は4TEMPIのCDの録音をしてくれた人も来ていました。久しぶりに沢山話出来て楽しかった。本当にフェスティバルを開催するというのは大変なこと。マネジメントも主催も全部本当に大変!!!でもとっても生き生きしていました。やっぱり天職というか、向いてる職っていうのかな?言葉が思いつきませんが、したいことをしている時って生き生きしてるんだなぁって、しみじみ。そして、なんと言ってもやっぱり電話が苦手な私はこういう仕事は出来ないのかもな〜ってしみじみ思ってしまいました。しょっちゅう電話がなってるもの。。。

私は只管キーボードを打つ、お宅作業が向いているのかもしれない。。。

とにかく、彼女は輝いていました。

これからも頑張れ〜!応援!!!


応援お願いします♪



お喋り笛吹き情報
Concert Fusions Japonais
3月12日(木) ミュールーズ
3月13日(金)ストラスブール
Facebook ページ
3月16日(月)@ ブルグリンスター城 in ルクセンブルグ
日本大使館ホームページ
posted by お喋り笛吹き at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:篠笛・日本音楽編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。