♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2009年01月04日

子供用メソード フルートであそぼうシリーズ

両教則本とも、現在、管楽器専門店DACさん店頭にて発売中です。

わくわく頭部管
頭部管で覚えるフルートの基礎は、フルート演奏の為の導入メソードです。メソードはフルートの基礎技術を習得する為に考えられています。2拍子、3拍子の奏法や、楽曲のスタイルの基礎知識、基礎的な技術を体を使って身につける事により、フルートへの移行をスムーズに行えるように出来ています。

わくわくファイフ
この「わくわくファイフ」は、「わくわくとうぶかん」と同時に使える、6歳〜8歳くらいのお子さんを対象にした、フルートを始める前の教本です。

フルートという楽器はもちにくく、大人にとっても最初は難しい物です。U字頭部管を使っても、手の小さな子供にとっては、金属で出来ているフルートは重くて大きい楽器で、楽器を吹く技術以前に沢山の問題が出てしまう現状があります。
そこでこの教本は、まずフルートに必要な基本的な技術を小さいファイフを使って身につけるように出来ています。ピエール・クーロン氏によって作られたファイフは、簡素な素材を使っており、子供でも容易に扱えます。ファイフは、ファ(ナチュラル)管と、ファ#管の二種類があります。メソードの中では、フルートと同じ指使いの音だけが使われています。

  Coulon-Duffy Original flutes

教本に御興味のある方はコチラにメッセージをお願いします。

推薦文

高木綾子氏

2年前の事。ノアック先生が来日した時、12年ぶりにお会いする事が出来ました。先生は、私に会った瞬間『おおつぶの涙』を流してくれました・・・。

私とノアック先生が初めて出会ったのは、父の赴任でベルギー在住の13歳の時でした。それまで、フルートを習ってはいましたが、ノアック先生に指導して頂いてから、音楽を表現する事の楽しさを学んだ事を覚えています。

私のカタコトの英語とフランス語に対して、いつもにこやかに分かりやすくレッスンをして下さり、今思えば子供にとって必要な『あたたかさ』を兼ね備えた師だったと感じております。

この教則本は、そんな先生の温かさがにじみ出た、子供の為の音楽教育に最適な要素と、エッセンスがたっぷり含まれた一冊だと思います。

この教則本でフルートを学ぼうとする方はもちろん、これを導入として音楽を始めようとする方々へ、音楽とはどれだけ楽しく素晴らしいものかを体験して頂ければ幸いです。

また、全国でフルートを教えていらっしゃる先生方に、もう一度原点を見直す為にも、ぜひこの教則本を使って指導して頂きたいと思います。

音楽は、『音を楽しむ』と書きます。

この意味を、この教則本で感じ取って下さい。

最後になりましたが、ノアック先生に指導して頂き、今の私がある事を心から感謝して、推薦の言葉とさせて頂きます。

高木綾子:国内外でのコンクールにて優勝・入賞(日本音楽コンクール・ランパル国際コンクール(パリ)など)。国内主要オーケストラとの共演はもとより、国外のオーケストラの日本ツアーにソリストとして共演。東京芸術大学、武蔵野音楽大学講師

-------------------------------

エマニュエル・パユ氏

ベルリンフィルハーモニーの仲間とこのファイフを試奏しました。仲間共々、このファイフの出来栄えに大変驚いています。特にファ#管の出来栄えは素晴らしいです。音色、音程、音量共申し分ありません。このファイフは(フルートに手が届かないような)小さな子供達にとって、理想的な楽器となるでしょう。

値段も手頃で、丈夫で、手入れもピッコロや、U字型頭部管フルートなどより簡単にできますし、鞄の中にも簡単にいれられるので、長期休暇にも持って行って練習出来ます。

私は、これを開発されたピエール・クーロン氏を讃え、このファイフを喜んで推薦します。

エマニュエル・パユ:パリ高等音楽院卒。世界各国でのコンクールにて優勝・入賞(神戸国際コンクールなど)。世界各国の主要オーケストラと共演。ベルリンフィルハーモニー首席奏者
posted by お喋り笛吹き at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:レッスン・講習会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269552293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。