♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2013年01月09日

火曜日:トラベルソレッスン 復活

久しぶりのトラベルソレッスンでした。12月の火曜日は、4日はパリに居てキャピトル・トゥールーズ管弦楽団のコンサート、11日火曜日はケルン(レッスン時間中はタリス車内)。18日火曜日は成田着。

そして2週間のクリスマス休暇。

5週間ぶりのレッスン!やっぱり・・・楽しい!!

今日はルイエのフルート二重奏。

あまり知られてない作曲家かも知れません。ベルギーのゲント出身でフランス・リヨンで主に活躍したらしいです。従兄弟に同姓同名の人がいるという…フルート作品は主にジャン=バティスト・ルイエ=ドゥ=ゴン(Jean-Baptiste Loeillet de Gand )で、最後の”ドゥ=ゴン de Gand"はゲント出身ということなのです。
ちなみに同姓同名の従兄弟も同業者…。こちらの従兄弟はロンドンで活躍したらしく、最後に" de Londre"(ロンドンから)とか、英語で"of London"とか付けてるみたいです。

Loellet-1.jpg
(ジャン=バプティスト ルイエ=ドゥ=ゴン さん)

イカツイ見た目に似合わず、軽やかな音楽を書く方です。ふと思いましたが、バロック作曲家とレゲエ・ヒップホップダンサーの髪型ちょっと似てますね。案外出会ってたら、仲間意識感じてたかもね。

日本ではあまり練習する事が出来なかったので帰って来てから再開。とはいえ録音があるので、フルートを練習したり、ある計画があるので篠笛を練習したりしてて、あまり比重が置かれてなかったのですが、なんか俄然やる気が出てきました。

なぜなら難しい(><)トリルはモダンより更に難しい。トリルの練習を沢山しましょうという話になりました。そもそも指使いが違う(これは大きい。指は殆ど反射なので。)そして音の鳴りどころがやっぱりモダンとは違うの(音程も不安定になりがち)。

今月末は試演会らしいです。キョエェ(゚Д゚;)って感じですが・・・初披露だから今から頑張ろう。いつか演奏会で演奏する日を目指しての第一歩。

ということで、この究極のイルフェグリを笛に全力注いで乗切ろうと思います。気付いたら春だった!って位に。あー、岡ひろみ並に、北島マヤ並に、のだめバリに夢中になって、気付いたら春だったっていうパターンが良い。イルフェグリーを忘れられるのは音楽だけ。


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:トラベルソ・古楽器編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。