♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2013年10月25日

最近の音楽活動の方。

12月に録音がある予定です。ヴィオラとフルートが入った近現代の曲を集めたCDになる予定です。1曲目はヒュイブルシュツ(Huybrechts)というベルギー人作曲家のフルートとヴィオラのためのソナチネ。既に録音されていて、DUXというレーベルからいずれ発売される予定です。ちなみにヴィオラは王子担当です。

ということで、他に収録する曲は、
シュルホフ(Schulhoff)という人のフルート、ヴィオラとコントラバスのためのコンチェルティーノという曲
ルーセル(Roussel)のフルート、ヴィオラ、チェロのためのトリオ
ドビュッシーのフルート、ヴィオラ、ハープのためのトリオです。

一番若い人はヒュイビルシュツの1899年生まれ。シュルホフは1894年のプラハ生まれ、ルーセルは1969年生まれフランス人、ドビュッシーは1862年生まれ。
ちなみにヒュイブリュシュツは27歳の若さで亡くなったので、ルーセルと同年の1937年に亡くなり、ドビュッシーは1918年第一次世界大戦終戦時に亡くなり、シュルホフはユダヤ人だったので第二次世界大戦時の1944年にビュルツブルグの収容所で亡くなってます。ということで、1800年代後半に生まれ、1900年代前半に亡くなった世代の曲集ということですね。

私はこの辺の時代の、クラシック通じゃない人に言わせると”変な和音”が作り出す独特世界が好きです。まぁどの時代もそれぞれの特徴があるから独特なんですが、若干音並びが微妙だから浚うのは大変なんだけど・・・音楽っていうより絵を見てるような感じで好きなんです。

ドビュッシーはかなり好きで、色彩感って言葉がありますが、それがピッタリです。彼の色彩感が好きです。そして”フランス”の代表でもあるにも関わらず、何故か頭の中には、日本の映像、F女山手校舎付近の横浜が浮かびます。フォーレもそう。横浜が浮かびます。フォーレは曲によっては彷徨い続けて何千里「どこに行くのかしら〜この曲・・・眠い(睡眠)」と眠たくなる事もあるんですが、基本はあの色彩が好きです。フォーレの曲は収録しないですが。

ヒュイブルシュツもお気に入り。私は彼がなんで誰も知らないのか不思議なのですが、きっとそれは彼がベルギー人だから(笑)その上27歳で亡くなっているので曲数も少ないですし、活躍する前に亡くなってしまったのでしょう。2楽章には禅の精神さえ感じて尺八で演奏したくなる位(吹けないけど)。3楽章は吹いてて楽しいです。

シュルホフもヒュイブルシュツ同様、ベルギー一年目に来た時に室内楽クラスで演奏した曲です。ピッコロがあるので久々にピッコロの登場〜♪2楽章と4楽章はピッコロで楽しい感じです。アケッピロに楽しいわけではないんですが、でもチェコ辺りってあんな感じの音楽多いかな。

ルーセルはまだ演奏した事がないので研究中。

この位の時代から、変なリズムというか、垢ら様に1、2、3、4にはハマらない流れが多くなってくるんです。だから慣れてないと”何してんだ〜”とワケワカメ。でも慣れてくるとこのワケワカメ感がまた良くなって来ます。もし余りにもワケワカメな場合は奏者の力量不足かもしれないですけど(笑)作曲法が複雑というのもクラシックの特徴ですが、ちょっとかじるだけで・・・・はまります。

チェロは一度日本で御一緒した、ブリュッセル音楽院の教授のディディエ・ポスカンさん。コントラバスはOxalysというグループのメンバーで確かアントワープのオーケストラで弾いてる(よく覚えてない…)クンラッド・ホフマンさん。ハープはいつも御一緒させてもらってて王子のモンス音楽院の同僚でもあるイングリッド・プロキュルールさんです。そういえばイングリッドさんは11月日本でのコンサートに行かれるんです♪

ということで、共演者にも恵まれたので、練習しないとという所です。


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:雑談編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。