♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年04月25日

東京ブリュッセルトリオ in 東京公演2 レポート

東京公演2は、東京ブリュッセルトリオ in JAPAN 2014のメインホールで、東京オペラシティリサイタルホールでした。前回もこちらのホールで演奏させて頂いたので、今回で2回目。ピアノの長浜さんが「前回より音が頑張らないでも飛んで行く気がする」と言っていましたが、なんでも舞台の高さを10CMだったか・・・(正確な数字を忘れてしまいましたが)変えたのでそうです。すごいですね、それだけでかなり変わるのですね。

ヨーロッパはどこでも演奏会会場にしちゃうので、本当に様々な音響。日本に来るとどこも素晴らしい音響に思えますが、やはりこういう天井の高い大きい会場だと音がノビノビ飛んで行く感じがして気持ちが良いです。同時に私達の演奏が遠くの人まで伝わるようにという別の課題も出てきます。ここは大体200人くらいですが、去年の横浜みなとみらいのような400人や、リリスホールのような300人ホールだとそういう面もすごく重要になりますね。

午後2時開演だったので、午前入り。横須賀の自宅からはちょっと遠いので東京に泊まり、ニコラ君も東京に泊まってたのですが…ちょっと場所が違ったので次の日どうするかという話をしていると、「大丈夫、僕は一人で行けるさ!」と頼もしいお言葉。さすがニコラ君。何しろ彼はシルクロードの旅でイランをバックパッカーしちゃうような人。東京のメトロくらいなんてことはないのだ!

しかしお言葉を信じてみたものの〜…次の日ニコラ君は約束の時間にこない(;°0°) ベルギー人にしては時間通りの彼は遅くとも5分遅れ位では到着するのですが、全然来ない…。どこかで事故にでもあったのではないかと心配しましたが、どうやら電車の駅を間違えた様です。やはり各線が乗り入れしている東京のメトロは難しい。イランとは違う危険性が有る東京…

とりあえず、無事で良かったとリハーサル。前日が演奏会だったのもあるので、そこまで慌てて合わせるものはなかったので、色々細かい点を確認したりしながら…あ、あれが!あ、これが!と本番前になって色々思い出してバタバタする私達日本人をよそに、ベルギー人二人(王子&ニコラ君)は穏やかな表情で記念写真撮影とかしてました。ベルギー人って良いな〜。

色々慌てる事がありつつも、いよいよ本番。

私は本番前の舞台袖が結構好きです。覗き窓から見える舞台や会場の様子とかを覗いたりして緊張したり。緊張しぃだけど、豚もおだてりゃ木に上る性格の私はやっぱりそういう所でテンションをそこで高めるのが良いらしいです。根拠の無い自信に溢れる!!!でも舞台裏でネガティブになってる人はあんまりいないかな(^^;

プログラム後半は、フンメルの「麗しのミンカのテーマと変奏」とマルティヌーのトリオだったのですが、舞台から見て前方右側辺りのお客様が2曲共に「ブラビー」と言って下さいました。ブラボーの複数形。。。有り難うございます。フンメルはベートーヴェン時代の屈指のピアニストでもあり、ピアノパートが難しいのですが、フルートパートは最後にPで長ーーい延ばしがあるのです。Pでキープするの大変。だから私的には勝手に、この長ーい延ばしに対するブラボーが複数形のうちの一つに入ってるはず!と思ってます(自惚れ笑)
マルティヌーはモンス音楽院留学一年目に室内楽で演奏した曲だったのですが、意味不明で殆ど記憶から抹消されてました。でも今回演奏したら哀愁帯びたメロディーがあったり、楽しいメロディーがあったりと楽しい曲なんだと分かりました。バイオリンとのトリオも良い曲ですが、改めてマルティヌーいい曲。もっと深めて行きたい。

私自身、力不足も感じますし、日本では・・というかどこででもだけど全然知られてないですし、まだまだ課題もあるけれど、また日本にこのトリオで帰って来られたらって思います。とても楽しいグループです。

image.jpg
オペラシティリサイタルホールでの演奏

image.jpg
リハ中
image.jpg
東京を彷徨いつつも、着くなり冷静にアルペジョーネを弾くニコラ君。彼はいつも冷静。
10154952_10152378721284533_1377875000810411435_n.jpg
舞台袖


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽: 東京ブリュッセルトリオ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395484637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。