♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年05月12日

オルガン&バロックバイオリンのコンサート &日本女子と西洋化女子について語る in ブリュッセル

今日は仲良くさせてもらっているオルガンの樋笠理絵子さんと、ヴァイオリンの中丸まどかさんのコンサートで、ブリュッセルのフォレ区まで行ってきました。樋笠さんは、フォレのサン・ドニ教会のオルガニストなのです。

フォレ区はイクセル区同様所謂ヨーロッパな部分と完全移民街とあって、サン・ドニ教会がある付近はかなり移民街。周りには、Halal(イスラム教の聖別されたお肉)のファーストフード店とかお肉屋さんとか・・・そこにあるサン・ドニ教会。現在の典型的ヨーロッパ都市。

でも中に入ると古い教会の雰囲気そのままで、オルガンもバロックオルガン?っていうのか分かりませんが、415Hz(半音低い)の小さいオルガンなのです。こんな音楽を気軽に聞きに行けるというのも、ヨーロッパだからだよな〜と。バロック音楽というと、バッハ?ヴィヴァルディ??と思われる方もいるかと思うのですが、もっと昔や、違う国や…とレパートリーは結構広いです。ハマると本当に尽きない…古楽器の心地良い音に耳を傾けて良い一時。音楽院のモダンヴァイオリン科の子達も聴きに来ていて絶賛してました。ここ数ヶ月在ベルギーの人達に会えてなかったので、久しぶりに色んな人達に会えて楽しかった。
photo.jpg

そしてその後、音楽院の若い子達と御飯に。日本とこちらの女性の話になり・・・日本人女性は本当に綺麗にしてるのです。本当いつも帰ると思うのです。個人的にはいつもそれなりに格好には気を使っているつもりなのですが・・・成田に着いた瞬間「山籠りを追えた修行僧、それが私」に見えてくる。11時間飛行から降りてるのに、皆さん完璧小綺麗なのはどうしてでしょう。

数年前、ロンドンの地下鉄で、やや斜め前方に日本人の若い観光客の女の子がいたのですが、私が「地球の◯◯方」出そうかな?と鞄に手を入れた所で、

「ねーねー、あの人ってさ、日本人かな?」
「ねー、私も思った。でもさ、眉毛が違うんだよね。」
「でしょー!私も思った!眉毛で分かるよねー!!」

と盛り上がる前方…明らかにアジア人私だけだし…何より私、日本語完璧に分かります…。結局地球の◯◯方は出さずに、どっか違う国の人のフリしてあげたという経験があるのです。服も日本の服多いし、日本人的風貌な気がするのですが…全否定。

でも実は、是非一度女性雑誌に載ってる位、完璧な化粧と髪型にして(もらって)日本で働くOLさんのフリをしてみたいのです。年齢サバ読んで、そして合コンに参加!!(笑)働いてる所は横浜中心地か銀座辺りに設定して(後は土地勘ないので質問されると困る)、見た目さえ何とかなれば、後は無口な子のフリしてればバレなさそう。一度してみたい潜入取材の一つ。

それにしても、こんなグローバル化した時代でも、日本在住とヨーロッパ在住では眉毛の形が変わっちゃうのだなぁと思うと、昔、まして300年、400年はさぞや土地によって音楽も風習も違ったのだろうな。そうやって考えると音楽の可能性は無限にありそうですよね。

今日の中丸まどかさんは、もうすぐ日本でもコンサートがあります!お時間のある方は是非!
日時:2014年6月7日(土)14時開演(13時半開場)
場所:求道会館(東京都指定有形文化財)(113-0033 東京都文京区本郷6丁目20 – 5)
東京メトロ南北線「東大前」駅下車徒歩5分
丸の内線「本郷3丁目」駅下車徒歩15分

詳しくはこちらへ→日本チェンバロ協会サイト
5月31日に大磯公演もあるようです♪


応援お願いします♪



posted by お喋り笛吹き at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:演奏会聞いた編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396832135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。