♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年08月25日

ラ・センヌ in 南仏講習会

ラ・センヌ・スール・メールはLa Seyne sur Merと書くのですが、フランス語のRが独特でカタカナにすると今ひとつ違うので、ラ・センヌ講習会と略します。

南仏のプロヴァンス地方の端で、所謂リゾート地のカンヌ、サントロペ、ニースよりずっと庶民っぽく、庶民のための観光地という感じ。私の中ではカンヌは葉山、ニースは湘南で、ラ・センヌは三浦・横須賀…センヌは三浦で、直ぐ近くの軍港都市トゥーロンが横須賀。(滞在中、丁度オバマ大統領が来てました。)沿岸を走ってると、観音崎に向かって走ってる気がしてくる。東京湾と地中海という差のため、海の色は全然違うし、居る人達も建物も全然違うんですが、人の発してる雰囲気に何か共通のものがあるんじゃないかと。月曜以外の毎日朝はマルシェが出ていて、お店の人と話してると、これは三崎弁のフランス語バージョンなんじゃないかなぁ?と思う、そんな所です。だから何だか懐かしい感じがするのですが、マリーナには三浦・横須賀にはいない豪華客船が停泊していたり、イギリスの車も多いので、案外穴場保養所として知られてるのかもしれません。

10516628_10152688581789533_4618211626339009913_n.jpg
10559908_10152688581794533_5247182170345097129_n.jpg
フォール・ナポレオンでの夜のコンサート

音楽祭も同時開催で、フォール・ナポレオンという名前の丘の上の砦の残骸(?)でのコンサートも雰囲気がある、とにかく「南!」感が満載の所。元々関東のラテン(らしい)神奈川南部の人間なので、一年に一回は汗かいて、潮風に当たって過ごす事が心身の健康の為に大事と思ってます。

今年はチューバの先生が日本人の方でした。同じ神奈川の音大(大学は違うけど)出身で、リヨン国立音楽院で勉強された方で、現在はフランス南東部ペルピニャン&モンペリエでお仕事されてるとか。年も近くて親近感満載(^^)伴奏者として毎年来てる方もパリ在住の日本人で、指揮の先生の奥さんも日本人で(ダンス関係の専門の方ですが)、結構日本人がいます。毎年学生にも日本人がいるのですが、今年は生徒には日本人はいなくてちょっと残念。

私は今年はヴァカンスで、生徒に混じってメッサ練習したり、講師の先生とあるプロジェクトの話したり…。ここの講習会もディナン同様、子ども、アマチュア、受験生から音大生までいる講習会です。オーケストラもあり、今年は上手な人達は講師陣と一緒にピーターと狼を弾いてました。フルートの毎年来ているニースの女の子はどんどん大人になり、小柄なルビシュさんの身長を超えて、超セクシー美人に・・・。来年も来たいみたいなこと言ってたけど、もっとセクシーになってるんじゃないかしら。

10559741_10152681957514533_5761226682044165169_n.jpg
子供達のためのコンサート

今年はバンドネオンの先生もいて、ピアソラやタンゴ音楽のコンサートがありました。バンドネオン奏者の人、Victore Villenaという人なのですが、とても上手。雰囲気作りも上手だし、音楽の持って行き方が上手い。一緒に弾いていたトゥーロン地方音楽院の先生のパーカッションの先生Tam N GUYENさんは、毎年来ていて前回のコンサートでも上手くて興奮したんですが…上手い人というのは、色んな所にいるんだなぁと。フランスの三浦三崎でこんな素敵な音楽家に出会えるのだから、いつどこで誰に会うかは分からないですね。音楽家は一カ所だけ見ててはいけないっていうけど、本当そう。いつもこういう出会いを嬉しく思います。

10384548_10152287273298309_5050477607622212048_n.jpg
クラリネットの先生のワンちゃん(クララ・シューマン)が可愛過ぎた。クラの先生はブリュッセル音楽院の先生

image.jpg
ルビシュさんのレッスン。歌い方の所で「ジュテーム(Je t'aime = 愛してる)」を例に説明をしていました。私には言えないワ。そうかと思うと↑みたいな説明も。



応援お願いします♪

posted by お喋り笛吹き at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:レッスン・講習会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404290313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。