♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年10月05日

フルートとギターとその他のコンサート

一昨日、昨日とコンサートでした。フェスティバル終わってすぐ!

去年ご一緒した、フランス、ストラスブール在住の日本人ギタリストで、三味線も弾かれる辻英明さん。インド人の民俗楽器ともコラボしたりされたり、ダンスコラボされたり、色々されてるストラスブール音楽院で教えてる方です。

木曜日はリエージュの小さいカフェのお庭でのコンサートでした。久しぶりに晴れ女力を発揮し夏のような晴れ日。小さな可愛らしいお庭に50人位集まって下さいました。
image.jpg

ギターは、お庭でのお客さんが目の前にいるコンサートの雰囲気がとてもあっています。曲目も日本の曲は最後だけで、最初の方はヴィラ・ロボスや、マチャドなどブラジリアン音楽とか…「恋するバルセロナ」というウッディ・アレンの映画のワンシーンを思い出すような、ムードあるコンサートでした。

後半は打って変わって、三味線や、篠笛。こちらも違った意味で外が合う。篠笛は外の方が合うといつも思います。篠笛一音で、ギターが響いてた庭とはまた違う雰囲気に。最後はお客さんにも歌ってもらうちゃっきり節とか、ドンパン節。あるお客さんはドンパン節が相当気に入ったようで、ドンドンパンパン…と歌いながら帰って行きました。でもドドパパという後半部分は覚えてなかったようで、永久に終われない魔のドンパン節状態になってるようでした。

ブリュッセルでのコンサートは、私がメンバーになっているいつものアトリエ。ここではフェスティバルでも吹いた現代曲版尺八古典曲鶴の巣篭もりや、ラヴィ・シャンカールというシタール奏者による、フルート&ギターの曲とかも演奏。ラヴィ・シャンカールとか音の数がたくさんで、実は結構ボリュームあるプログラムでした。
image.jpg

今回、東雲(しののめ)という和風タイトルつけたのですが、実際は日本の曲半々位でした。でもまぁ折角日本の楽器を演奏するので、とりあえず引きつけておくかと、和風タイトルに。なんか良いタイトルない?と王子に聞いたら、曲目から取ったら良いと言われ、一曲目に演奏したラヴィ・シャンカールの魅惑の夜明けから、ふと、「曙」の文字が浮かんだのですが、実際ポスターにして見たら、自分の横に「曙」なる文字があり、自分が横綱曙になったような感じで。。。類語辞典で東雲なる言葉を見つけ、それにしてみました。海外に来て日本の単語を知る人……。

衣装も、浴衣なら夏らしくてラテン曲にも日本曲にも合う(本当か?)ということで浴衣着て演奏しました。着物は吹きにくいと思われるようですが、帯に座る感じは着物の方が良いです。腰元がどっしり落ち着く。浴衣は軽いから楽ですが腰元は落ち着くでもなく…でも気軽に着れて良いですね。和柄のドレスとか欲しいかも。

同じメンバーで、2月にノルウェー、3月には箏の方を交えて、アルザス地方とルクセンブルクでのコンサートです♪ 楽しみ。


応援お願いします♪






posted by お喋り笛吹き at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:篠笛・日本音楽編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406560314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。