♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年11月07日

念願のイギリス地方旅行♪

パリでのコンサートの後、5泊6日の両親連れてのイギリス旅行でした。

4年半前に訪れたスコットランドの古都エジンバラと、昔の生徒のご家族訪ねてダービーというロンドンから一時間半位の所、そしてロンドン1日半でした。

エジンバラは懐かしかった!ロンドンから電車でえっちらおっちら。4年半前の車窓からの景色が素晴らしかったので、それを両親に見せたかったのですが、ロンドンは晴天だったのに段々怪しい雲行きになり、そして怒涛雨。何も見えないかなと心配してましたが、雨は割と直ぐに止んでいわゆるイルフェグリ(灰色の天気)に。私が見たいかにもイングランドらしい青草と海と青空からは程遠かったですが、怪しい雲もイングランドらしくて一興。黒いお顔の半端ない数の羊や、地平線、低い空を楽しんでいました。イングランド北部に着く頃には天気が回復して、素晴らしい夕日が左手、反対側は、怪しい雲が広がる丘と海。素晴らしかったです。ストンと終わる丘のギリギリまで羊がいたのが気になりました。落ちないのかな。イングランド北部位から、建物の感じも特にヨーロッパ本土とは違う雰囲気が漂って来て、車窓が楽しいのです。

9766_10152851631484533_6307357123863707392_n.jpg
素晴らしい車窓

夕方に着いたので、既に真っ暗でしたが、エジンバラは駅付近の夜景がすごく素敵で、重厚な建物がそびえ立ち、駅から出たその瞬間に「来てよかった!」と言いたくなる景色です。4年半前の感動そのままでした。
10477366_10152855799454533_2107626111539163783_n.jpg

パリは少しは勝手が分かってはいるのですが、エジンバラは4年半ぶり。道の灯りがブリュッセルに比べて全体的に暗いけど、パリに比べて大分安全感がありました。勝手もよくわからない&スコットランド英語も聞き取れない自信があったのですが、レストランや駅では外国からの観光客と分かっているのか、分かりやすく英語を話してくれるのであまり問題はなかったです。でも、あるおばあちゃんにエレベーター内で声をかけられた時は、全然わかりませんでした。「パーキング」しか分からなかった…スキップしてるみたいな英語……駅ビルのファーストフードも全然分からなかった。エジンバラに住む友人の英語が素晴らしくブリティッシュ英語で格好良かったです。憧れるけど、毎日聞いてないからあんな風には喋れないわぁ。

10649901_10152855799434533_5866279071192938656_n.jpg
駅から少し行った高台の公園からの景色は360度絶景。上る道はあまり人がいないけれど、上に行くと沢山人がいる。

10676166_10152855799419533_4411388292143077479_n.jpg
街のすぐ後ろは切り立つ崖みたいな丘。

そして次の目的地ダービーへ。ダービーへはニューカッスル駅で乗り換えてサウスサンプトン行き。サウスサンプトンといえばタイタニック。ニューカッスル駅も昔ながらの駅舎で、気分は一昔前の列車旅行!!とテンションが上がりましたが、結構その路線は通勤・通学にも使われているようで、旅行気分満々の私達を他所に皆さんお疲れの御様子。地元KQ線の、都内通勤者の帰宅のための特別電車「ウィング号」みたいな雰囲気でした。

10494604_10152855800034533_5581511917692505008_n.jpg
ニューカッスル駅に着くちょっと手前の景色。

ダービーでは、元生徒のお母さんに案内してもらって、映画プライドと偏見で使われたチャッツワークハウス(貴族の館)、自然公園を見てきました。車がナイといかれないような所で感謝感謝!素晴らしかったです。自然公園は突如現れる崖に登る事に。住所もないから、緯度と経度をナビに入れて出発。下から撮るのを忘れたのですが、本当スゴいです。映画の撮影でも使われたらしいですが、火曜サスペンス劇場の犯人が追いつめられたシーンでも使えます!
10678849_10152871206049533_3101658082145917288_n.jpg

10689680_10152871206209533_4750461380854808650_n.jpg

何だかんだいって、王子が一緒にいたけどパリが一番気が張ったような気がします。パリは素敵だけれど泥棒も多いし自由行動には緊張感があるので。タリス&ユーロスター発着駅の北駅も建物は古くて素敵ですが、何か荒んだ感じが。泥棒も多いし、物乞いやせびり(チケットを自販機で買おうとすると手伝う振りしてお金を請求する人達。無理矢理ボタン押そうとする強引派もある)もあるし。ニューカッスルはもっと落ち着いてた…。

イギリスの旅は移動もあったけれど全体的に落ち着いててノンビリ出来ました。念願のイギリスの田舎も見れたのが良かったです。懐かしい出会いもあったし!!ヨーロッパは街も良いのですが、自然が各地方違って素晴らしい。イギリスの旅は是非自然を訪れて下さい!!

広大な敷地にある館、チャッツワークハウス。じっくり見たら結構時間がいります。↓
10351078_10152871206074533_5657385523522764338_n.jpg

10670034_10152871206154533_1349378363425521271_n.jpg

10703761_10152871206054533_4972861690390217904_n.jpg
「シエー」をしている素敵な像を見つけてしまいました。

10801697_10152871206134533_5953260493221666178_n-1.jpg
敷地内なのかな、羊さんが列を成してこちらに向かってきました。。。

10730972_10152871206174533_906598436503624370_n.jpg
フィッシュパイというイギリス伝統料理だそうです。パイ生地はなくて、サーモンとクリームにおジャガの重ね焼き。シンプルで美味しいです。


応援お願いします♪



posted by お喋り笛吹き at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。