♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年12月23日

バッハ、ヘンデル、テレマンとビートルズ @クリスマスコンサート in アイントホーフェン

先週は今年最後の小旅行、アイントホーフェン&パリでしたバス新幹線

まずはアイントホーフェン。

アイントホーフェンは、オランダの南部でベルギー国境から車で30分程。今回はアントワープからDB(ドイツ国鉄)運営のバスで行きました。アントワープからオランダ経由でドイツのデュッセルドルフに行くと言うバスで、アイントホーフェンまではアントワープから9ユーロ!(安値は早い者勝ち)ブリュッセルから20ユーロ以下でアイントホーフェンまで行けてしまうという便利且つお得ルート。座り心地も良い2階建てバスで、Wifiも使えて、良い感じでした。

今回はオランダの南部教会のクリスマスサロンコンサートでの演奏で、トラベルソ&チェンバロで演奏させてもらいました。チェンバロと学校のイベント外で吹くのは初めて(^^)

その時の会の中の牧師のメッセージで、言わずと知れたビートルズの歌でも使われてるフレーズ、「レット・イット・ビー」は、聖書の中の、受胎告知のシーンでのマリアの言葉から来てると知りました。画家の作品テーマの一つの受胎告知(ベルギーの王立美術館にも祭壇画があります)

d0117217_18274881.jpg

受胎を告知され、驚きながらも「お言葉どおり、この身に成りますように」といったマリアの言葉の英語訳が、「Let it be (レット・イット・ビー)」なんだそうです。英国語圏人だと、何となくそのLet it beの由来を知ってるってことなんですね。マリアは何て事ない普通の家の普通の子だったので、そのマリアの言葉にはそんな大役を仰せつかって、吃驚して畏れつつも「どのような運命にも、神様がその役目を自分に与えて下さったなら、喜びを持って従います。」のような意味があると、以前聞いた事があります。
リバープールで友達同士が集まったのが始まりのビートルズ。有名になり過ぎて自分ではコントロール出来ない大きな波の中で苦しんでいたポール・マッカートニー。そんな時、彼の亡くなった母親(お母さんの名前もマリアさん)が夢に出て来て、その言葉を言ったのだとか。…お話を聞きながら今度カラオケに行ったらLet it beを歌いたいなぁ〜・・・と少し方向性の違うことを考えてしまいましたが....

基本、自分の運命は自分でコントロール出来るものではなく、悩んでも自分で解決出来ることは極僅か・・・と思ってるので、常にLet it beの姿勢で生きて行こう〜と改めて思ったのでありました。とかいって、今の所、割と無難な感じで、吃驚するような運命には特にあってないけど。

Let it be のお話から一転、私達はバッハとテレマン、ヘンデルでのコンサート。チェンバロのサロンコンサートは本当に素敵で本当300年くらい時代が遡った感じがしました。

今回はヘンデルのチェンバロとのソナタに加えて、テレマンの12のファンタジーの中から2曲トラベルソ独奏を演奏しました。フルートの独奏は試験やコンクールのイメージと直結してて(^^;なんかこう嫌〜な思い出が蘇って、苦手意識が先行してしばらく遠のいてました。
今回演奏したテレマンのファンタジーは、音大時代それこそモダンフルートで試験やコンクールの1次予選でも吹きました。だから過去の苦痛とくっ付く予感もあったのですが…でも運指が違うとか、また何か別の緊張はありましたが、楽器が違うせいか、過去の苦痛な思い出とも結びつかなかった感じがします。逆に、熱心に練習する機会が出来てトラベルソが上手くなった気が(笑)

チェンバロと演奏出来たり、独奏が普通に楽しく吹けたり・・・私にとっても素敵なクリスマスプレゼントとなった、クリスマスコンサートでした。

日本人の曲の独奏や、篠笛の独奏はイヤーな思い出がないせいか結構普通に出来るのですが、コンサートの中での独奏っていう雰囲気そのものが最近楽しいので、苦痛な思い出を乗り越えて、今度はフランス物とかも機会があったら挑戦したいです♪2015年〜2020年へのプロジェクト。気長に乞うご期待。

-5.jpg
サロンコンサートでの演奏。ご自宅にチェンバロ…素敵。


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ

posted by お喋り笛吹き at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411117924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。