♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年12月26日

真夜中クリスマスミサ in ブリュッセル

メリークリスマスクリスマス

ヨーロッパではクリスマスは家族の日です。24日のイヴに祝う人もあれば、25日に祝う人もいるようで、後は都合でその週末とか、とにかく家族で祝う日です。

王子一家はユダヤ一家なので祝わないのだけど、私一人で祝うのもなんなので、少しはミバの良い御飯を作って夫婦でイヴディナー。といっても和食ですけど。そしてその後は、友人のオルガニスト樋笠理絵子さんが弾く、ジュ・ド・バル広場にあるカトリック教会の真夜中ミサへ。

ジュ・ド・バル(Jeu de Balle) 広場は、その昔はアンティーク価値があるものが多く出る蚤の市があった所で、スピルバーグ監督制作のタンタンの冒険の最初の方、タンタンが船のミニチュアを購入する広場がジュ・ド・バルです。
img_4717_tintin-marolles.jpg
Film.png

今でも蚤の市はありますが、最近はガラクタ市というか、価値の無いものが多いようで…。余談ですがこの映画のブリュッセルのシーンすごく良く出来てて、直ぐに「ここxxだ!」って分かって楽しいです。

さて、カトリックのミサは何回か奏楽のために参加したことがあるのですが仕来りがあまり分からないし、王子は基本教会を知らないから、後ろの方で2人で小さくなっていましたたらーっ(汗)でも基本的には誰でもウェルカムな雰囲気。25日午前0時から始まるという真夜中ミサ。真夜中だとういうのに、皆家族で来るので子どもが沢山!地区的にアフリカ系の人と、ラテン・アメリカの人が教区に多いらしくフランス語とスペイン語のミサでした。

私達が教会に入ると樋笠さんが弾くパイプオルガンの伴奏にコンガとタンバリンが入って、アフリカの賛美歌が歌われてる最中でした。すごく元気な生き生きとした歌声に「キェェェエ!」というちょっと文字にするのは難しい高音の雄叫びみたいな声がたまに入るアフリカンモード全開の賛美歌。日本でもよく知られてるフランスキャロルの「荒野の果てに」も歌われたのですが、オルガンの重厚な前奏が終わった所で、「イッホー!」(文字にするのが難しい)みたいな雄叫びと、コンゴとタンバリンがドンドコドンドコ!シャカシャカシャカシャカ!と活発に入って一気にリズムが効いたアフリカを感じるクリスマスキャロルに。
アフリカンの賛美歌はテンションが違います。力強さも違うし、信仰の度合いも全然違うような気がします。上っ面じゃないというか。樋笠さんが昔弾いてたサント・カテリンヌの教会でフルート奏楽をした時も(参:ブログ)、やっぱりアフリカンモード全開の賛美歌が一杯あったので、彼女はアフリカの歌に縁があるんだな〜。

そんなアフリカン賛美が終わると、ベルギー人神父が現れて「Que Dieu nous a promit....」とフランス語の穏やかな声でのメッセージ。コミュニオン(聖餐)では、ピエルネというフランス人作曲家のオルガン曲が流れ、再びヨーロッパの教会の雰囲気に。そうかと思うと、「ともだち賛歌」で知られてる曲(「空にはお日様〜、足下に地球〜」の部分がグロリーハレルヤーになってるっていう…というかそちらが原文)が、やっぱりコンガ&雄叫び入りでノリノリで歌われて、綱引きののように西洋とアフリカンを行くそのミックスが面白く、他では味わえないミサになっていました。

ミサが終わると、ぶどうパンとホットワイン、ホットチョコレートが振舞われました。会衆の中には、多分グランプラスとか中心街で違法?かもしれないけど、風呂敷広げて物を売っている人達と風貌・格好が似ている人達もいました。カトリックミサでは、周りに居る人達と握手をするという時間があるのですが、普段はそういう人達とは握手をすることもない自分なので、色んな意味で特別なクリスマスでした。

PC250828.JPG
オルガンバックに樋笠さんと♪着膨れずんぐりむっくりな私です。


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ

posted by お喋り笛吹き at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411279555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。