♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2015年01月21日

トラベルソとヴィオローネ

今日はトラヴェルソを習っているアカデミーでクラス内コンサートでした。前回は篠笛の話してたのに、今回はトラヴェルソの話(^^;

演奏した曲は、先月オランダ教会のクリスマスコンサートで演奏した曲だったので、2回目の披露ということで少し落ち着いて出来ました。

トラベルソ含め、西洋の古楽器は西洋でも一回廃れたようです。廃れた楽器が復古したということで、何となく日本の「箏・三味線」などの邦楽器と立ち位置は似てる気もします。習える所がモダン楽器に比べて少ないとか、アマチュア合奏団は滅多に聞かないとか。でも音楽の内容は時系列的に繋がっていて、バロック末期は特にモダン楽器でも頻繁に演奏するので、曲そのものには皆さん親しんでいる。コンサートの数は多く、場所も観客も一緒って感じがします。邦楽古典音楽は、西洋音楽とはかなり違うから、その辺はちょっと立ち位置が違うようです。

今日はタイトルの「ヴィオリーノ」という楽器の発表も。ヴィオローノなんて可愛い名前ですが、楽器自体は大きくて、F女時代に履修していた楽器、”ヴィオラ・ダ・ガンバ”のコントラバスサイズなようです。うちの学校にはバス・ガンバまでしかなかったので、多分今まで見た事ないんじゃないかなぁ…コンサートとかで見た事あるのだろうか、気付いてなかっただけかな?コントラバスよりずっと軽やかな音がします。ヴィオラ・ダ・ガンバはヴァイオリン属(含むチェロ)の先祖…ではなくて、ヴィオール属という別の家系で、ヴァイオリンサイズからコントラバスサイズまで足の間にパカッと挟んで演奏するのです。

image.jpg

この男の子、かなり身長が高く足が長いので足の間にちゃんと入ってますが、私ならまず股割の練習から始めないと・・・・。この子が弾いた曲はスペインのルネッサンスの曲。何だかガンバを懐かしく思い出しました(若干低かったけど)。

さてトラベルソに話題は移ります。「ハンブルグソナタ」という名の、C.P.E.バッハ(バッハ息子)が作曲したソナタがあるんですが、モダンフルートだとそんなに難しくないけど、トラヴェルソだと明らかに難しそうでした。しかしながらお気に入りの曲なので聞いてると吹きたくなる。バッハのパルティータを吹いてる子がいると、それも吹きたくなる。やっぱりバッハのフルート曲と、ハンブルグソナタが吹けるようになるまでトラベルソを頑張りたいと、段々欲が増えてしまう。結局このまま一生吹いてるかもね。止められない、止まらない・・・某えびせんのような笛の力…。

とりあえずは、今年のプロジェクトのテレマン(作曲家)のファンタジー12曲全制覇の続きですね。先生は1ヶ月2曲のペースで行けば残りの半年で終了出来る(今年=今年度)わね!って。そういう計算があったか〜!!←今年=2015年で、1ヶ月1曲のつもりだった。もう年だし、いつ練習出来なくなるか分からないし、焦ってやっておくか。2、3、7とクリアしてるので、後9曲なので…休憩挟んでも出来るかな(^^;


お喋り笛吹き情報
Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ

posted by お喋り笛吹き at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:トラベルソ・古楽器編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412702761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。