♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2015年03月11日

フュージョンジャポネーズ in ミュールーズ

昨日からフランスのアルザス地方の街、ミュールーズに来ています。ミュールーズ大学のゼミの企画でのコンサートに招待されていて、フュージョンジャポネーズというタイトルで、ノルウェーでもご一緒したギター&三味線の辻さんと、箏のミヤザキミエコさんと、ここミュールーズで明後日木曜日、ストラスブールで金曜日、少しベルギーに向けて上昇し月曜日にルクセンブルグでのコンサートです。

大学のキャンパスの一角を借りて3日間の合宿練習。大学生に戻った気分です。私の大学は音楽学部以外もある総合大学だったからキャンパスの雰囲気がなんとなく懐かしいような、男子がいるから少し違うような。いつも割と年若く見られますが、真の若者に囲まれてると明らかな差が。瑞々しさが違いますね。やっぱり年とともに水分はなくなっていくのねぇ。

みっちり練習もあり疲れ気味なところ、今日はFrannce3の取材。TVカメラ入るしと化粧確認鏡を見たら、自分の顔に驚かされました。瑞々しい子達に囲まれちゃってるから自分もそのつもりでいたら大間違いヨ。「枯れた」という表現がまさにピッタリなお疲れ顔でした。お化粧で誤魔化そう。

辻さんとは何回か一緒に演奏してますが、今回は箏のミヤザキさんも交えてのセッション。辻さんと演奏するときも少しだけしてた即興ですが、今回は即興全開です。そう、民謡が色んな 形で変貌していく感じ。お二方とも即興がポンポン出来るからカッコいい。ミヤザキさんの持って来るテンションの高さに引き上げられて、私も頑張ろう。

故西澤先生はさりげなく渋い即興をされていたから、かっこいいなぁと昔から即興とかしたいという希望はありました。が、クラシック畑にいてもそういう機会はあんまりなく、少しだけバロック音楽や、トラベルソで曲<を装飾するのが限界だったから、新境地開拓を楽しんでおります。先生がされていた渋いJAZZ即興とはまた違う気もするけど(^^; クラシック畑出身なので、どうしても「もっと勉強しなくちゃ」って思うのだけど、今一番必要とされてるのは、明らかにコード力じゃなくてハジけ、ぶっ飛び力だわ。ネジ一本外して、ぶっ飛んで行こう。

篠笛(時々フルート)で沢山色々な新しい事が出来て楽しいですね〜。作品を解釈して練りこんで演奏するのも好きだけどね。来週はまたネジきちんとはめ直さないといけないし。好きなことだらけですね。

今日はミュールーズ大学の構内でプチデモンストレーション。
image.jpg

明日もみっちり練習で、明後日はコンサート。

頑張ろうるんるん



応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
Concert Fusions Japonais
3月12日(木) ミュールーズ
3月13日(金)ストラスブール
Facebook ページ
3月16日(月)@ ブルグリンスター城 in ルクセンブルグ
日本大使館ホームページ






posted by お喋り笛吹き at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:篠笛・日本音楽編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415407713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。