♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2013年12月02日

サロンコンサート in ブリュッセル

昨日は、サロンコンサートでした。
_B302155.jpg
義両親の新居で、初めてのサロンコンサート開催。こちらでは『本気のサロンコンサート』がよく開かれます。日本も地方や田舎に行けば大きなお家はいっぱいありますが、基本的に日本よりもお家が広い、そして過去の宮廷、シューベルトのようなお友達が集まっての音楽会・・・の名残なのでしょうか。

昨日の演奏者は、王子の生徒、私、王子、そしてチェロのディディエ・ポスカンさんと、コントラバスのクンラッド・ホフマンさん。フルート&ヴィオラ(王子と私)を中心に、フルート&ヴィオラの曲、フルート・ヴィオラ&チェロ、フルート・ヴィオラ&コントラバス、フルート・ヴィオラ&ハープの曲をCD録音するプロジェクトがあり、1曲はデモとして今年始めに録音。DUXというレーベルに起用され、この12月&1月で残りを録音するので、その前に人前演奏しようということで、今回の内輪でのサロンコンサートになりました。
人前披露は、人影練習では見えなかった潜在意識が働いて、良い意味でも悪い意味でも発見があって成長します。ワインやパンは寝かせて発酵ですが、演奏家はまずは披露で熟します。

久々にピッコロの登場です。片やコントラバスがブーーンブーーンと低振動を発っし、片やピッコロ最高音域よもや超音波まで。実に幅広で楽しい曲です。
4TEMPIではピッコロも担当してますが、ここ1年程コンサートしていないので、人前披露は去年の10月振り??ピッコロは感覚がやっぱり若干違うので、時々練習してはいましたが、久々の持ち替えにドキドキ。持ち替え時間(小節数)が少なければ少ない程ドキドキ率は比例。果たして間に合うか!!

私は持ち替えにフルートスタンド使ってるのですが・・・あんまり持ち替え時間がないと、スタンドに刺してる(穴を狙う)時間がないので、椅子の方が良いのです。でも椅子も形が悪いとゴロゴロ転がったり、メタルにメタルが当たったり・・・ちょっとブツけると凹んでしまうので。我が家のIKEA制丸椅子が完璧です。箏の方は持参椅子で演奏されてるので、私も持参しようかな。しかしベルギー外のコンサートでは無理だから・・・画板持参とか良いかもしれない。以前オーケストラを聴きに行った時、持ち替えが余程間に合わないのか、隣に人がやって来てフルート手渡しというのを見た事があります。黒子参上!
工夫が求められる持ち替え。音楽家は常にアイデア豊富に生きなければ。

コンサートは王子の生徒で開幕。アムステルダムから週1で通って来てる子で、現在15歳。昨日は緊張してる様子でしたが、若い子の演奏を聞くのは好きです。ちなみにピアノ伴奏は王子。王子は曲内持ち替えはありませんでしたが、ピアノ弾いてからヴィオラを弾くという曲芸を披露していました。ヴァイオリン⇔ヴィオラの同コンサート持ち替えは嫌がりますが、ピアノはOKなようです。全く違う楽器だからかな。
_B302143.jpg
チェロのポスカンさん練習中


応援お願いします♪





posted by お喋り笛吹き at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:その他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

コンサート終了。

先日金曜日のコンサート、無事に終了しました。アトリエの方にお会いしたのも久しぶりでした。相変わらずよい方でした。あのアトリエに関わっている方々は皆、心が温まる人が多いです。マルセル・アスティールさんという人に惹かれて、彼が残したアトリエを残したい、ただそれ一心だけでアトリエに力を注いでいる人達で、皆アート好き、音楽好き、芸術家好き、ミュージシャンを応援してくれるような人達で、本当心が癒されます。

さてコンサートは辻英明さんと共に行いました。ギターと演奏したのは本当に本当に久しぶり。2002年の室内楽の試験ぶりです。ピアソラもすごく久しぶりに楽譜を出してきたのですが、一時期心底ピアソラ命だった時代があったので、その情熱で覚えたせいか意外と指は覚えててくれて、瞑想系〜タンゴまで、全て楽しく演奏出来ました。コンサートに来てくれた知人&義父に、”大変ナチュラルに吹いていました”と言われ、自然じゃない演奏ってどんな演奏なんだろう?と思いつつ、爽やか系って意味かな?と捉えました。
フルートは、”ほとばしる汗”っていう風には演奏出来ないのでね(楽器が滑るから)。でも、無いものねだりで、一度「今日の神田さんは本当に暑苦しかったねぇ」と言われるような演奏してみたいかな。

先日のフェスティバル・モーツアルトの雰囲気とは一転して、演目や楽器を説明したり、皆さんと一緒に歌ったり、辻さんも冗談が上手でお客さんを楽しませていました。

この夏から色々あり、追われるように9月を終了して10月に突撃。気がつけばもう半ば。一応心はユッタリなんですが、この週末は義両親宅の大掃除。そして自宅も大掃除・・・・・。掃除掃除。なぜこんなに掃除するのか・・・という話はまた今度。

今年も後2ヶ月半ですね。次はブリュッセルのジャパン・エクスポにちょこっと出る予定です。その後12月は録音♪DUXというレーベルさんからCDが出る予定です。いつ”CD”になるかは、まだ大分先の話ですが(^^;
今から掃除しておけば、年末の大掃除はしなくて良いかな。

さぁ!掃除頑張ります!


応援お願いします♪


Page-01.jpeg
第一部 吉松隆さんの曲の前 和装だけどフルート&ギター

Preview of “latino.mov”.jpg
第二部 衣装替え

_1080913.JPG
録音してくれた、モネ歌劇場音響さんで、AVInspireのオーナーのヒエルトさん。
posted by お喋り笛吹き at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:その他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

録音&雪 in ブリュッセル

雪です!

昨日はある曲を録音しました。3時半くらいからバランス取って、録音始めたのは何時だろう??10時15分頃終わりました。
2013-01-14 18.09.33.jpg

勢いに乗らずに正確に吹く事の難しさ…。集中力のキープ。録音はそういうので難しい。とにかくなんかやたらとエネルギーを使う曲なのです。高い音が多いし・・・コンサートで一回吹くだけでも結構疲れるので、昨日は完全に疲れました。全ての細胞群の酸素を出し切った感じ。今度こういう曲を録音する時は、酸素ボンベでも持って行こうかしら。しかしクラシックのフルートなんて優雅なイメージがあるだろうに、酸素ボンベってのも。そもそも助けになるのかも疑問かな。体力の問題かな。


そして建物から出たら雪!!! 
2013-01-14 23.20.41.jpg

今週は常に零下で、ようやく冬らしく寒くなるようです。といっても、数年前だったかの零下15度とか行ってたのに比べると暖かい。零下7度位なようです。日中で零下2ー零度。私は中途半端に寒いのが苦手で、寒いならドンと来いっていう零下の方が好きです。空気もピュアーになるし。零下で雪、零下で晴れっていう方が、中途半端に寒くて灰色のドンヨリ天気よりよっぽどよろしい。これぞ正しい冬の姿であります。


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:その他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。