♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2012年12月21日

現代邦楽の学生のコンサート in 新大久保

今日は以前にも行った渋谷にある高校の吹奏楽部を教えて来ました。前回行ったのは二年前の夏。学生も総入れ替え。私はこの二年で何が変わった?(・・;)と聞きたくなってしまいたくなりましたが、彼女らにははぁ?だろうなあ。高校三年間、早かったけど毎年変わって行きましたからね〜。若かった!

吹奏楽部は自分の青春の1ページ、というより全ページに近かったせいか、今でもこうして時々こんな青春と交わることが出来て嬉しいです。

さて今日はさらに新大久保で、篠笛の西川先生が教えていらっしゃる桐朋学園短期大学音楽学部の現代邦楽科の最終学年生の学外コンサートでした。現代邦楽科の学生のコンサートとはどんなことしてるのかなとワクワクでしたヽ(´∀`*)ノ 先生のご方針もあって、”何でも音楽だけではない何か別の物も取り入れて”と言う事で、寸劇あり、薬学実験みたいな不思議なシーンあり。役者さんは違う世界持ってるから一緒に演奏すると面白いのです。私が御一緒させて頂いた時は、動きというより”声”の表現に感心しましたが、今回は動きがあって若々しくて良かったです。またやっぱり役者さんと演奏したいぴかぴか(新しい)

後は立ち振る舞いと間と存在の在り方でしょうかね。演奏家は曲の詳細には気をつけるけど、立ち振る舞い(存在感はまた別個)とか、全体の間の感じとかに気を使えない所があるんですよね。役者さんは丁度よい間探しっていうのでしょうか。”間延び”しちゃうとか、間がしらけるとかよく言いますけど、全体像を重視してるから勉強になります。

そしてもちろんお箏(十七弦、二十三弦など)もありましたし、他にも、ギターとの演奏や、ヴァイオリン&チェロ&クラなどの西洋楽器との演奏など、色々モリモリ沢山でした。若い子達(そう残念ながら皆私より全然若いのよ)のエネルギーと青春って感じもあって、楽しかったです。

私は個人的にギターの人とリサイタルしたいんです!(いつか。当てなし)ギターとだとフルートとのレパートリーもあるし、今回ギターと篠笛で演奏してましたが、これが結構良かったんです。現代の人によって書かれたメロディー的なものですが、篠笛のメロディーはやっぱりフルートのそれとも違って味があってヨロし!

ってことで、いつか。

201212211830000.jpg
コンサートの写真は撮ってないのでパンフの写真。




応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽:演奏会聞いた編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

王子 in ジョドーニュ音楽祭

昨日は王子がジュドーニュ音楽祭に出演したので聞いてきました。

ジュドーニュ音楽祭は井上麻衣子さんという日本人のピアニストが音楽監督をされているんです。ベル通さんの記事でもインタビューさせてもらいました。年は私とほぼ変わらないというのに、なんという素晴らしさ。ホント”外国人だから…”とか言い訳してられないなぁと思っちゃいます。とにかく精力的に活動されてる方です(尊敬)

昨日から始まって、日曜日までです。今日は私は教えのお仕事があって行かれなかったけど、明日は合わせがあるから難しいかもしれないけど、日曜日はまた王子が出演するので行ってきます。そして譜めくり隊として出動予定です!!!

会場は素敵な所で、すごく雰囲気があるのです。日本でこのフェイクを作った所でやっぱりダメで、なんかヨーロッパだからの雰囲気なんですよねぇ。私は去年の第一回の時に出演させてもらいました。
P1150873.JPG
去年の写真

昨日は写真機を王子のカバンの中(楽屋)に忘れてしまって撮れなかったので、次回撮ります!!!ん?譜めくりダ((゚Д゚;))

昨日は、プロコフィエフの”ユダヤの主題による序曲”が演奏されたのですが、王子はあの曲になると生き生きしてる気がする。アクセントの付け方とか。ユダヤ音楽(Klezmer)をよく聞いてるからですかね。→ちなみに王子のお気に入りKletzmerクラリネット奏者
この曲は、8月に南仏の講習会でも先生方の演奏で聞いて、9月にモーツアルトフェスティバルで聞いて、今回10月も聞いて。11月も誰か演奏してくれるかな??ちなみにクラリネット+弦楽四重奏+ピアノです。何気に名曲だから是非聞いて見て下さい。

それとバーバーの弦楽四重奏がとても良かったです。プラトーンという映画で使われてる曲ですが。。。ホールでリハを聞きながら、28日の復興地チャリティーコンサートのためのスライドを作っていたのですが…あまりに映像と音楽が一体化してしまって…。演奏者のエネルギーがとっても良くミックスしてとても良い演奏でした。

昨日はピアニストの人が、私がモンス音楽院留学中の1年目の時にフルート科の伴奏員だった人でした。10年と3ヶ月ぶり位の再会。スゴいことになってると驚き。ベルギーに来てから10年振りに再会出来る人が出来てしまいましたよ。。。。もう三年振りの再会なんて驚かないって感じです。

王子はここの所コンサートが立て続きに入ってます。私が立て続きに入ってた時は、彼にあんまり入ってなかったから色々お手伝いしてくれたので、私もお手伝いしよう!と心に決心してみたけど、考えてみたら普段から御飯を作ってるのも、洗濯してるのも私だから、あんまり普段と変わりなかったたらーっ(汗)

ジュドーニュ音楽祭のホームページに去年の写真が沢山載ってたので見てみて下さい(^^)→ココ



応援お願いします♪

posted by お喋り笛吹き at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:演奏会聞いた編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

コンサート in リクソンサール & ジェンバル湖

P1170241.JPG
今日は、義母のセミリサイタルがブリュッセル近郊リクソンサール(Rixensart)の修道院であったので聴きに行ってきました。修道院なのでシスター達が沢山いたのですが、一人自分の祖母を思い出させる人がいました。もちろん西洋人顔ですが。おっとりとした可愛らしい穏やかな雰囲気と顔の形が祖母に似てました(笑)

コンサート前半は義母の友人であり、音楽院のアシスタント講師でもあるナディンさんのグラナドス。後半は義母のショパン特集。

グラナドスの方は音楽院在学中オーケストラで弾いた曲。楽しい曲でリエージュとモンスの指揮科合同レッスンみたいなのがあり、リエージュ指揮科の生徒が振ったのですが、それがすごく良かった記憶が。指揮棒とは不思議な物で指揮棒に糸か何かが付いているかのようにグイグイ引張られることがあるのです。オーケストラの思い出があったので、ピアノだとやっぱり一色?な気がするけど、でも楽しい曲です。

義母のピアノ大好きです。表現力?お客さんを惹き付ける力がある。タッチはクリアで繊細です。ピアノの事は良く分からないけど、でも彼女の演奏はいつも良いなって思います。

私達の近くに座ってたおばさん。知ってる曲だと、知ってるわ!とか言って鼻歌を歌い出して…。
んーーんーーー
と歌ってるんですが、残念ながら音程が外れていて、チベット仏教の声明っぽい。声明ほど響きもないかな、力強い蚊・・・くらいかな。とにかく邪魔だったんですが、なんかちょっと憎めない感じの人で、笑えてきました。

コンサート後、昼ご飯を食べ損ねた私と王子、会場近くのジェンバル湖に行って早い夜御飯を食べましたレストラン
_5289491.jpeg

ジェンバル湖はちょっとした市民の憩いの場になっていて、このシーズンは湖畔のレストランも繁盛していました。我が家からはなんと車で15分〜20分で到着出来るみたい。食後に湖の周りを一周して大体45分位歩いたのかな?天気が良い日はお勧めです!

_5289541.jpeg
_5289530.jpeg


応援お願いします♪

夏休み音楽セミナー in ディナン 8月6日〜12日
ベルギーの歴史ある街ディナンでの音楽セミナーで講師をします。初心者〜音大生、子ども〜大人まで、色んな国籍の人達が参加する楽しいセミナーです。本場ヨーロッパで、フルートレッスンを受けてみませんか?詳しくはコチラ

東京ブリュッセルトリオ 日本初公演決定!
9月12日横浜みなとみらい小ホール&9月16日東京オペラシティリサイタルホール詳しくはコチラ

ニコラ・デルタイユ氏のCDはコチラから!

ラベル:演奏会
posted by お喋り笛吹き at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:演奏会聞いた編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。