♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2015年01月21日

トラベルソとヴィオローネ

今日はトラヴェルソを習っているアカデミーでクラス内コンサートでした。前回は篠笛の話してたのに、今回はトラヴェルソの話(^^;

演奏した曲は、先月オランダ教会のクリスマスコンサートで演奏した曲だったので、2回目の披露ということで少し落ち着いて出来ました。

トラベルソ含め、西洋の古楽器は西洋でも一回廃れたようです。廃れた楽器が復古したということで、何となく日本の「箏・三味線」などの邦楽器と立ち位置は似てる気もします。習える所がモダン楽器に比べて少ないとか、アマチュア合奏団は滅多に聞かないとか。でも音楽の内容は時系列的に繋がっていて、バロック末期は特にモダン楽器でも頻繁に演奏するので、曲そのものには皆さん親しんでいる。コンサートの数は多く、場所も観客も一緒って感じがします。邦楽古典音楽は、西洋音楽とはかなり違うから、その辺はちょっと立ち位置が違うようです。

今日はタイトルの「ヴィオリーノ」という楽器の発表も。ヴィオローノなんて可愛い名前ですが、楽器自体は大きくて、F女時代に履修していた楽器、”ヴィオラ・ダ・ガンバ”のコントラバスサイズなようです。うちの学校にはバス・ガンバまでしかなかったので、多分今まで見た事ないんじゃないかなぁ…コンサートとかで見た事あるのだろうか、気付いてなかっただけかな?コントラバスよりずっと軽やかな音がします。ヴィオラ・ダ・ガンバはヴァイオリン属(含むチェロ)の先祖…ではなくて、ヴィオール属という別の家系で、ヴァイオリンサイズからコントラバスサイズまで足の間にパカッと挟んで演奏するのです。

image.jpg

この男の子、かなり身長が高く足が長いので足の間にちゃんと入ってますが、私ならまず股割の練習から始めないと・・・・。この子が弾いた曲はスペインのルネッサンスの曲。何だかガンバを懐かしく思い出しました(若干低かったけど)。

さてトラベルソに話題は移ります。「ハンブルグソナタ」という名の、C.P.E.バッハ(バッハ息子)が作曲したソナタがあるんですが、モダンフルートだとそんなに難しくないけど、トラヴェルソだと明らかに難しそうでした。しかしながらお気に入りの曲なので聞いてると吹きたくなる。バッハのパルティータを吹いてる子がいると、それも吹きたくなる。やっぱりバッハのフルート曲と、ハンブルグソナタが吹けるようになるまでトラベルソを頑張りたいと、段々欲が増えてしまう。結局このまま一生吹いてるかもね。止められない、止まらない・・・某えびせんのような笛の力…。

とりあえずは、今年のプロジェクトのテレマン(作曲家)のファンタジー12曲全制覇の続きですね。先生は1ヶ月2曲のペースで行けば残りの半年で終了出来る(今年=今年度)わね!って。そういう計算があったか〜!!←今年=2015年で、1ヶ月1曲のつもりだった。もう年だし、いつ練習出来なくなるか分からないし、焦ってやっておくか。2、3、7とクリアしてるので、後9曲なので…休憩挟んでも出来るかな(^^;


お喋り笛吹き情報
Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ

posted by お喋り笛吹き at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:トラベルソ・古楽器編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

トラベルソ:今年最後のレッスン&来年度の計画

昨日は今年度最後のトラベルソレッスンでした。といってもちょこっとクヴァンツのエチュードを吹いて、後は来年のプログラムについて。

来年はクラシカルフルートをやりたいのもあり、専科のモダンフルートや時々吹く篠笛もあるので…予定と準備を見ながら計画性よく決めて行かないと、段々自分が何の笛吹いてるのか分からなくなっちゃうのでありますね。まぁこれはコンサートが詰まってる時とかにも、良くやります。整理整頓大事です。

取り合えず大雑把に、クラシカルフルートではクーラウ(ピアノのソナチネアルバムに載ってる人)の曲を、トラベルソではバッハのソナタに挑戦&モダンフルートでは全然吹かないフランスバロック音楽をすることに。

トラベルソ、クラシカルフルート、モダンフルートってなんですか?いわゆるフルートと違うんかい?と思われた方、ブログの最後に5行程で説明してますので読んで下さい*

クーラウのフルートデュオは何曲もありますが、OP10の1番をモダンフルートで何回か吹いたことがあって私の名曲指定です。折角吹くのなら練習しがいのある名曲を吹きたいので、長い&難しいけどそれを勉強することに。バッハのフルートソナタはh-moll。こちらも長いのですが、こちらも頑張って挑戦することに。夏休み明けが待ちきれず、今日早速練習してみましたが…難しい(^^;何度も言うようですが、トラベルソって音を外した時の失敗音がホント情けなくて、ホエッポーという残念賞みたいな音。でもバッハの音楽が素晴らし過ぎて…残念賞の音と共に、バッハに一人浸りながら練習しておりました。夏休み明けにはマシになってるでしょう。

昨日は最後にアンサンブルのクラスの発表でもありました。アカデミーは2クラス取らなくちゃいけないので、アンサンブルクラスを取ってます。アマチュアの人達の集まりなのですが、ベルギー人のアマチュアの音楽好きな人達に会うことはあまりないので、社交の場として楽しんでます。皆長年楽器を続けてる人達が多い感じで、結構上手に弾けて、趣味でヴィオラ・ダ・ガンバとか、趣味でオルガンとか・・・素敵。1人もう60歳超えてるように見える方ですが、元々音楽院で勉強したようで、スゴく歌の上手な人もいます。色んな曲見たりして、アマチュアの人達に囲まれて音楽するのも楽しいと素直に思います。でも最後はサッカーの話で終わりました(^^;

今日は生徒達の発表会前の最後のレッスンで、レッスンに行くトラムもガラガラ。普段なら学校帰りの学生がいっぱいいるのに。もう夏休みなんだなぁ〜・・・・・とつくづく感じたのでありました。1年は早い。

色々もっと勉強しなくちゃなぁ〜と思う今日この頃。必要に迫られないとしないので…来年度はもっと知識の方も深めたいと思います。

7月はJAPAN EXPOや、4TEMPIとのセッション、8月はディナンの講習会です。御興味のある方は是非♪♪まだ申し込み受付中です!


応援お願いします♪



*トラベルソとクラシカルフルートの私流簡単説明:トラベルソとは17−18世紀のバロックと呼ばれる時代のフルートで、有名所はバッハ、ヘンデル、パッフェルベルとか音楽室のモッサリヘアーの人達です。(彼らは実はバロック後期の末期です)。クラシカルフルートは古典派という時代位からの次世代トラベルソで、古典派はモーツアルトやハイドンとか、音楽室のスッキリ後ろに束ねたヘアーの人達の時代の笛です。笛に関しては土地や年代によって色々変わるんですけど、大体これがベーム式と言われる今の金属フルート(=モダンフルート)の元祖が19世紀半ばに開発され、完全に浸透するまで使われてました。

posted by お喋り笛吹き at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:トラベルソ・古楽器編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

キャベツの千切りの精神でトラベルソを吹く。

一週間以上も「クールビューティーになれないよブログ」がブログのトップ記事になっていました…

東京ブリュッセルトリオの第一回目の日本公演の際、ベルギーフランス語圏の行政の助成審査があるという時、ニコラ君から「君の演奏活動を彼らに知らせるために、君のサイトとブログを彼らに送っておいたよ。」というお知らせがありました。サイトは良いけど、その時の仏語ブログ Sakura& Chocolatのトップは「スパゲティーが重層で中華麺に変身!」(゚Д゚;)。慌てて操作して東京ブリュッセルトリオ日本公演の真面目な記事をトップに変更しておいた事があります。いつ何時、人が私のブログを見るか分からない。

ルーシー・リューとハムを食べるドーラの絵がいつまでもトップだと何なので、もう少し真面目なこと書こうと思います。イメージが大事、イメージが。

さて、トラベルソの試験も終わったので、クラシカルフルート(次世代トラベルソ)の方に少し手を出している最近です。アンデルセンという、昔のフルーティストで世代的にはブラームスより後輩くらいの人が書いた、日本の音大受験の定番エチュード(練習曲)を練習してます。指がテケテケと動くので、てっきり現在の色んな音階が吹きやすいベーム式フルートのために書かれたのかと思いきや、彼は旧式のクラシカルフルートで吹いていた様です。最初は、「ありえなーい!」と思いましたが、箸も慣れれば大豆でも蒟蒻でも掴めるようになるのと同じで、何とかなるもんだなと思い始めた今日この頃。練習しているエチュードの音大受験前の楽譜の書き込みがとても懐かしいです。エチュードは一人完結出来るので、部屋で一人陶酔出来てなんか楽しい。

↓クラシカルフルートと、アンデルセンのエチュード。クラシカルフルートは木製でトラベルソより若干大きく、幾つかキー(蓋)が付いてる
10416991_10152509538974533_4990403474400982203_n.jpg

トラベルソというシンプルな作りの古楽器を操るのに培った能力が、色んな面でフルートにも生かされています。例えば、フルートは音の移動で何本かの指の降りるタイミングがズレると、音楽がバラバラして聞こえるのです。皆さんも、5本の指を全て机の上に置いて(ピアノ弾く要領で少し手を丸くして)、人差し指、小指は置いたまま、薬指と中指だけの上げ下げとかしてみると分かりますよ。トントン・・・という音が完全に一致するようにさせるには、意志が必要です。

タイミングがびっみょーにずれると、びっみょーに音と音の間に「ホエッ」という音が入ったり、違う音が入るので、結果として音楽全体がバラバラして聞こえる。ということで、「指は同時に下ろしましょうね〜」とよくレッスンでも言っています。その指下しのタイミングが、トラベルソは穴を直に押さえる分、ズレに対して更に敏感なようです。

シンプルになれば成る程、要求される基礎能力の高さなんですね。真の料理人は、刺身の切り方一つで分かる・・・みたいな感じですかね。キャベツの千切りも料理人が切るとシャキッ!!としてますよね。

来年度はトラベルソではバッハのソナタ、クラシカルフルートも一人陶酔以外の曲を吹きたいなと思ってます。目指せキャベツの千切り名人!の精神で。

↓トラベルソはこんな感じ。管体は木で穴だけ(一つだけキーが付いてる)
_B032345.JPG

↓モダンフルートは私が手に持ってるもの。所謂フルート。管体が現在は金・銀・洋銀が殆ど。キーがたくさん。
_4091662.JPG


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:トラベルソ・古楽器編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。