♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2013年06月11日

流浪の民 in ジャーマン

パソコンの仕事しながら武満徹のフルート曲→合唱曲を聞いていたら、リンクに”流浪の民”が。

おお、流浪の民。

御存知でしょうか?合唱曲として、日本でとても有名な曲なのです。我が三浦市立三崎中学校の合唱祭では定番のレパートリーで、三年生にとっては学年合唱によく選ばれてた大地讃頌との二大大曲でした。

これが、かのシューマン作曲と知ったのは大分後の話。三崎中学校のグレ気味の子も頑張る合唱祭、”一音闘魂”とかスローガン作って、”男子ちゃんと歌ってよ”とか言って何故か熱くなって涙する、あの青春的合唱祭。あの陸の孤島と呼ばれ三崎弁が氾濫する三崎中学の合唱祭と、あのロベルト・シューマンが結びついたことに吃驚したのですが、言われてみればあの曲調はあの時代のドイツですねぇ。他の合唱曲とは作曲仕法もかなり違うし、和音も違う。シューマンもまさか三浦三崎の中学生歌うとは思ってなかっただろうな。

懐かしいからドイツ語バージョン聞きたいなって検索したのですが、どうやらこの曲は日本ではプロも歌う名曲だけど、本場ドイツではそうでもないみたいですね。見つからない。ドイツ語だとやっぱり雰囲気が全然違うから、ドイツ語のプロの人に歌ってもらいたいです。

そして検索し続けたら、”流浪的人們”が目に飛び込みました。流浪的人們・・・もしや?と思ったら、やっぱり、中国語バージョンでした。アマチュア団体なようですが。中国語ってシャシュショとか、ミャミュミョが多いのかな。


シューマンがどんどん変貌を遂げてく感じがして、何だかスゴい。音楽って国境がないんですねぇ。

こちらはドイツの少年合唱団。ドイツ語はやっぱり雰囲気が違う。


そして日本ではお馴染みの”流浪の民”。日本のプロ団体。若干速いな〜と思いつつ、技術&表現力は確か。ドイツ歌曲に聴こえる。


東京混声合唱団のバージョンも見つけました。でも画像リンク貼れないので、ご興味のある方はどうぞ
http://youtu.be/8LC3gbb2RGM

こんなことで興奮してる自分は完全な音楽オタクということなんでしょうけど。

でもやっぱり音楽ってスゴい。中学校の頃の思い出を思い出させつつ、200年前のドイツと三崎中学の遥かな次元を空想しつつ、シューマンの音楽性まで考えつつ、ただただ”名曲じゃないか”って聞き入ってしまう。

なんか音楽って本当にすごいなと思いました。


応援お願いします♪


3月30日(土)〜4月6日(土)ピカルディ(北フランス)講習会
初心者〜上級者、子ども〜大人まで参加出来る講習会です。詳しくはコチラ

posted by お喋り笛吹き at 04:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽:雑談編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

フルート奏者のウォルフガング・シュルツ氏 死去



今日のニュースで知りました。まだ67歳だったということで、少々早過ぎる死に驚きました。

シュルツさんは記事にも書かれていますが、日本の草津で毎年行われている草津夏期国際音楽アカデミーに、講師として良くいらっしゃっていました。私が大学4年生の時にこの講習会に参加しました。とっても張切って申し込んだので、学生番号が001と一番。草津の音楽祭は毎夜先生方によるコンサートもあって毎日音楽漬け。この講習会は思い出が結構あって、楽しい講習会でした。

CDも幾つか持っていて、ウィーン・フィルの木管五重奏アンサンブルの「20世紀音楽」、ジャン=ピエール・ランパル氏とのハイドンのロンドントリオはお気に入りです。音楽がすごく生き生きしています。

草津の講習会でのレッスンでは、度入りサングラス(赤茶レンズ)で朝レッスン会場まで行き、普通の眼鏡ケースを開けたら眼鏡が入っておらず、仕方ないのでサングラスでバッハのレッスンを受けた思い出があります。眼鏡がないと譜面はおろか何も見えないので、先生に”サングラスでレッスンを受けても良いですか?”と聞くと、シュルツさんは笑ってOKOKと仰って下さりました。「音が細いね〜。キミは細すぎるから、僕位のお腹を持った方が良いよ。」と冗談も言われてました。

若かりし頃熱心に読んでいたフルート雑誌に載っていらした巨匠達が次々に他界されて行きます。個性溢れる音楽を奏でてくれていた巨匠達。何だか寂しいです。

安らかなご永眠をお祈りいたします。

Photo 85.jpg
講習会最終日に二人で撮ってもらいました。

Photo 86.jpg
講習会最終日にフルートクラス全員で。




応援お願いします♪


3月30日(土)〜4月6日(土)ピカルディ(北フランス)講習会
初心者〜上級者、子ども〜大人まで参加出来る講習会です。詳しくはコチラ


posted by お喋り笛吹き at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽:雑談編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

篠笛 in ストラスブール

ストラスブールには大きい音楽院があり、私の友人も何人か留学していました。友人の友人のギタリストさんがこの音楽院で教えていらっしゃるのですが、この方がギターの他に三味線も弾かれるんです。もともとギター専攻で、その後邦楽器始めて、両方演奏してるというのも私と似てるから何かお会いしてみたくて。

私は環境上というか何と言うか、篠笛でも現代音楽か、歌の編曲か…主にメディテーション的な音楽が主なのですが、その人は民謡も沢山弾いてるようです。三味線の民謡はかっこ良い!笛は一人だとメディテーション的な感じになるし、華やかにするにはやっぱり他の楽器がいないと。。。一人で何かしてくださいと頼まれたら、「みんなでシットリとなろうね」。。。みたいな感じにするしかないので、一人で出来ちゃう楽器は羨ましい。

西洋の民謡、ルネッサンス時代の世俗音楽とか舞踏音楽とか、土臭さが残ってて結構好きです。日本で民謡聞くと、NHKラジオ「地方局からこんにちは」のコーナー(勝手にネーミング)で、おばあちゃんとおじいちゃんが聞いてる感じがしますが、ヨーロッパで聞く日本の民謡は、確かにかっこ良い。ワールドミュージックの一つ。

その方はインドの楽器とのグループも組んでいらしててこれもまたかっこ良い。ユダヤ音楽や、アラブ音楽をたまに聴いているんですが、何か共通したものを感じます。音階かな?ウインと音を唸らせるところかな?

ユダヤ系の作曲家は多いので、ユダヤ音楽にちなんだクラシック音楽は多いですが、まだ他の国のはそんなにないよなぁ。

何か新しい演目を作りたい今日この頃です。


応援お願いします♪


3月30日(土)〜4月6日(土)ピカルディ(北フランス)講習会
初心者〜上級者、子ども〜大人まで参加出来る講習会です。詳しくはコチラ




posted by お喋り笛吹き at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:雑談編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。