♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年12月18日

欧米人は子ども好きなのか

友人のリンクから長谷川豊というフリーアナウンサーさんの保育環境を整えれば子供を産む、という大ウソっていうブログを読みました。

とりあえず、この方の論理展開、専業主婦or主夫を増やせばヨロし→でも議会にいる政治ウーマンは専業主婦が嫌いだから反対される→マンハッタンでは少子化は起きてない→アメリカ人は家族や子どもが死ぬ程馬鹿みたいに好きだから子ども産む→日本の若い世代は子どもより自分が好きだから子ども産まないっていう展開論は単純過ぎるような・・・。

専業主婦になって落ち着いて子どもと共に過ごしたいという若い女性が多いっていうのは私も読んだ事あります。確かに専業主婦っていう地位が見下されるのは見直されるべき点と思いますが、この点に関しては後に回します。彼の言う所の「バリバリのガリガリ」かは知りませんが(そういう女性は彼のタイプではないということは良く伝わりました(笑))、働きたい女性というのも多くいて、そういう人でも子どもを生んで子育て出来るにはどうしたら良いかって話なんだろうなぁと思うのですが。働きたい女性は専業主婦が嫌いなアマゾネスという言葉で片付けられたのでは、それこそ貴方の感情論だわ〜と。(ところでアマゾネスって何ですか?)

仕事に行かなくてはならない時に子どもがぐずいて保育園に行ってくれない(そして仕事に行く事に罪悪感を感じる)とか、これから大事な仕事と言う時に子どもが風邪引いてお迎え(こういうのは暗黙の了解で母が呼ばれる)とか。そういう時に早引き退社すると、職場の空気が「また子ども〜」みたいな雰囲気になるとか。そういう子どものイザという時を引き受けるのは大体全部母親の方で、父親である事はまだ大変珍しいというのが日本っていう話を良く聞きます。この長谷川さんの奥さんは専業主婦の方なようですから、こういう「また〜?」という目を彼は経験したことないから実感出来ないのかもしれないですね。

ヨーロッパは日本と仕事環境が違うから比較対象にしないと書かれてましたが、私はヨーロッパしか知らないから比較します。この長谷川さんの言う「アメリカ人は馬鹿みたいに子どもが好き」の根拠となってる点の子どもの写真を飾ったり、家族写真を飾ったりetc. 家庭を大事にする所はヨーロッパも同じです。写真飾ってるから子どもが好き=だから子ども作ってる、っていうより、そういう社会なんです。子どもの写真は飾るもの。家族の写真も飾るもの。家族との時間は大切にするもの。社会的雰囲気がそういう感じなのです。欧米、キリスト教文化の特徴かもしれません。

ここヨーロッパだと、例えば子どもが習い事をすると絶対に送り迎えをしなくてはいけません。彼の言う所の「子どもが死ぬ程好き」だから喜んで迎えに行く!というより、必死にスケジュールを組んで迎えに行っています。ただそれでも子どもを作るところの理由の一つに、それを社会が当たり前としてるってところ。そこに日本との違いがある気がします。そしてそういう時に、父親のお迎えが普通にあります。日本で、男性が「子どもの迎えに行かなくてはいけないので、ちょっと抜けます」と言える会社は多分少ないはず・・・・。家族との時間は大事にするものという観念があるので、父親も家族との時間を大切にするということを社会も許す。必然的に女の方も家族との時間もあるし、逆に男の人も家族に時間掛ける分、女の人は社会との時間も持てるっていう。

彼の言う所の「ガリガリ、バリバリ働くアマゾネス」さん達はそういうことも言いたいのでは・・・・。と思いました。

ただこの方の言う所の「専業主婦が尊重されても良いのでは」っていうのは、そう思います。そういう選択肢がもっと堂々と尊重されても良いはず。これも「家庭」っていう最小単位が、あんまり尊重されてない所から来るのじゃないかと思ったりもしますが…。最もベルギーは殆どが共働きです。ハーフタイムや、パートで働いてるのも含めてですが。パートタイムは主婦枠ではなく労働者扱いです(税金もシッカリかかります)

これは案外ヨーロッパでも最近言われたりするんです。必死に働いて、その分ベビーシッターやらに行くのなら自分で全部した方が良いんじゃないかとか、ある北欧のデータで子どもは小さいうちは母親(父親じゃダメみたい…)の腕の中にいる時間が多い方が心の安定が良いとか。専業主婦業だからこそ家計もキッチリ出来て…時間さえあれば、もう少しキッチリ家計も出来るのに、洗濯も溜まらないし、家もいつだって快適環境を整えられるのに!というフラストレーション。そして仕事がたまった時に作る御飯の面倒臭さ。。。というのは、恐らく、仕事しながら家計簿と睨み合ってる人は皆分かってるんじゃなかろうかと。

とはいえ、長い年月かけてある種の情熱を入れこんで来た職業。そう簡単には「止める」とは言えないので、自分自身は専業主婦になろうという意思はないのですが。。。

さて、話は彼のブログに戻り、産後2、3日でほっぽられるのは、西洋も一緒。無痛分娩が主流っていうのもあるのかもしれませんが。予測だけど、アメリカって多分医療保険制度からして、入院すればする程高くなるって口じゃないでしょうかね。
>育児休暇を延ばせば子供を産む ということを、「低レベル」って切ってるけど…アメリカのそのハイレベルシステムってちっとも羨ましくないので、別に見習わなくて良いと思います。

ということで、「専業主婦を見下さない社会を作ろう」という点においてだけ、賛成。後は同意出来なかったこの長谷川さんの記事でした。先日見た、デラックスマツコさんの言ってた「今の男女平等は、女も男がすることしていいよっていう男女平等で、女が女らしくいて認められる男女平等じゃないのよ」っていう言葉の方が、ずっと納得出来たなぁ。

ちなみに、私は、この方が好まない「有識者会議とかに出てガンガン発言してる女性」「アマゾネス」というジャンルの女性ではないです。多分この方が言う所の「アマゾネス」には嫌われるタイプの夫頼りの女です。

この方のお名前がかつての友人に似てて、以前名前だけ見た時ちょっと気になったんですが・・・。まずこの方がどういうキャラで売ってるとか、そういう細かい設定が分からないのですが「僕、言ってないですよ?」っていう、勝手に疑問形な書き方が気になって(^^;これは流行なのかな。やたら「?」が多い。疑問なのか、断言なのかが分からず文章がちゃんと理解出来たのか…という不安もありますが。日本の少子化は止まらないようですね(自分も全く協力してませんが)


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ


posted by お喋り笛吹き at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:井戸端編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

アニメオタクからロックまで

突然ですが、私のフェイスブックページをイイネしてくれる日本人以外の国籍の人には、ニホンダイスキ!アニメダイスキ!アキバダイスキ!というオーラたっぷりの人がいます。プロフィールピクチャとか見ると、アニメモード全開とかだったりで、なんだってまた私のページに辿り着いたのだろう?…と思ってたのですが、横笛吹いてるYOUTUBEからかJAPAN EXPOのホームページとかから到着したのかな?思います。映像も着物だし幻想モードに入りやすいのでしょう。私はこれを着物幻想効果と呼んでます。ジャパン・エクスポに出演したのもあってか、そんな方々のイイネが増えました。どうせならアメリカのジャパン・エクスポに招待されちゃう位増えて欲しいけど、そこまではいかない密かなイイネ獲得。

link_facebook.jpg
ジャパンファンが集まる私のフェイスブックページ

同じくYOUTUBEのチャンネルのコメントも外国人の方多く・・・というより外国人しかいないんですが、やはり日本好きそうな方が多いです。コメントの多くは去年作った篠笛を吹いてるビデオ宛で、プロフィールを見てみると太鼓してる人とか、尺八吹いてる人とか、あらゆるジャンルの日本を網羅してる人とか・・・バラエティーに溢れてる(^^;。

日本ファン、マンガファン、アニメファン、アキバファンが集まっても、クラシック音楽のフルートの方は聴いてくれないんだろうな〜と思ってたのですが、実はビデオの中で再生回数が一番なのは、フルートの現代曲「冥」。篠笛は動画数が少ないので再生回数が高いのは分かるんですけど、「冥」は気がつけば再生回数が3000回近くになってて意外(゚Д゚;)。フルートでも、邦人作曲家による作曲でTHE日本なイメージな曲の福島和夫の冥は、着物幻想効果もないにも関わらずの反応で嬉しいです。篠笛の方は半分は着物幻想効果による錯覚なんじゃないかと思ってるんですけど、イスラエルフィルの人が「とても美しい」とコメント入れてくれた時は、同畑のクラシック音楽家にも綺麗に聞こえるんだ、ヨカッタと思いました(笑)

冥のビデオにコメントくれた人には、ロックのビデオばっかり上げてる人とかもいるのです。どっからこの冥に辿り着いたのかしら??という不思議はさておき、このTHE和風現代曲の冥に限らず、案外現代音楽は、クラシックファンより、バンドが好きとか、ロック好き分野の人がカッコいいと思うようです。尺八のホェーー!という音が、ロックギターのキュイーンと何か共通する所があるのかな??

そういえば、ロンドンでロンドンフィルを聴きに行った時にもヘビメタロックンローラーが5人位聴きに来ていました。プログラムは「赤」というテーマで、ストラヴィンスキーの「火の鳥」。彼らは静かに音楽を聴きつつ、超ノリノリにトサカへアーをユサユサ、すごい笑顔で手をグルグル回しながら(自分の前でね)聴いていて、完全に周りの人とは別の世界でしたが、楽しそうに聞いてくれてて安心しました。トサカへアーだったから、「火の鳥」に共感をしたのかな。

クラシック分野は決して堅いだけの敷き居の高い音楽ではないから(マナーとかはあるけど)、色んな人に聴いて欲しいとか思ってるのに、実際色んな人が来ると驚いてしまう自分がいるんだなと思いました。

以前米軍の黒人の男の子が、ダブダブルックにヘッドフォンを付けてYOYO!っとノリノリで歩いてて、私の方に来ながら「ヴィヴァルディの四季」は好きか?って。冗談かと思ったら、本当に弦楽合奏団によるヴィヴァルディの四季がヘッドフォンから流れていて、世の中本当誰が何を好きかなんて分からないんだなって、つくづく。

現代音楽(ものによるけど)とか好きだから、現代物と篠笛を入れたと私のコンサートは、いつかアニメオタクと、ロックンロールヘア、YOYO!の人で一杯になるかもしれない。それはそれでまた一興かな。ジャパン・エクスポで、ピカチュウ着ぐるみとか、赤や青の髪の人達を観客に持って以来、何でもアリな気がして来た。


応援お願いします♪



posted by お喋り笛吹き at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:井戸端編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

「プロに無償で仕事依頼」を受けて考える。

どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか - 原価のある、時間という記事を友人がSNSサイトにアップしていたので、読んでしまいました。このタイトルにフとクリックしたくなるのは、アート系だけでなくて、技術職人さんなどもそうかな〜と思いましたが、弁護士さんなども経験あったりと、意外と多いのですね〜。何回かに分けて書くのも何な話題なので一記事に書いてしまいますが、長いです。

この記事の発端は「大阪市天王寺区役所が「デザインの力で、行政を変える!!」をキーワードに広報デザイナーを募集するも、区ホームページ・広報紙等にて名前を紹介する代わりに"無償で"制作することが条件」ということかららしいです。

上記のリンク記事の中で、「アーティストは物を売る代わりに、自分の技術と費やす時間を売って生活の糧にしている」という話の流れから、

"技術"を無理やりモノに置き換えて例えると、八百屋さんに「このリンゴ、タダでちょうだい」とか、「今日の買い物分、全部タダにして」と言っているようなものです。場合によっては、「数日分の買い物をタダにして」位のこともあるかも。

とありました。分かりやすい。確かにリンゴを無料で持ってったら万引きと気付く。アーティストに無料でお願いとはつまりはそういうことなのよという説明でした。

私もボランティアで演奏してくれる人を探してるからと誘われた事があります。それはある企業連(絶対私より稼ぎが良いであろう人々の)新年会で、「パーティーBGMをボランティアでやらせてあげると言われる意味が全く分からない!」「高級ワインとチーズを少しだけ減らして少しでも演奏者に回そうとかは考えない?」と、当時は射切り立ってましたが、きっとその人達は過去に無料で演奏して来てもらったという例があったから提案したのであって、悪気はなかったのだろうと思います。

恐らく所謂会社員や公務員というお給料制職業の人以外の、営業職や職人職の方々は、皆この「無料で」とか「安くお願い」とか・・・頼まれる経験はあるのでしょう。朝会社に行き(仕事をしたかろうと、したくなかろうと)仕事があり、仕事した分(サービス残業があるにせよ)会社からお金が入ってくる会社員と、自営業・職人はお金回りのシステムが違うので、こういう自営業事情は圧倒的多数のお給料制で働いている人には分かりにくい話なのかもなぁと、最近思うようになりました。でも分かって欲しい事(もらわないと困ること)だから、私達もきちんと言わなきゃいけないのかなと。

上記記事内には、無料奉仕を頼まれた側が、頼まれると「友達だからこそ断りにくい」「有償にしてとは言い出しにくい」とか書かれてますが、確かになぁ…と思います。先ほどの例に出された八百屋さんさえも、自営業の八百屋さんでは「これまけといて」と言われたりする事はあるかと思うのです。オマケしないとケチと言われたりとか?でもそのオマケの部分は本来なら八百屋さんの生活費に繋がる部分で、それで生活してるわけだから、一見気前の良い八百屋さんは案外おまけ前提の値段にしてあったりして??? 生活費は皆必要ですからね。
同業者との兼ね合い事情もあります。以前に着付けの方の記事で、やはり「割引値で」着付けを頼まれて、仕方なく請け負った所、その後「あの◯○さんでさえこの値段でやって下さってるのですよ」と領収書を悪用されて、他の後輩達に迷惑をかけたと書かれていました。つまり一回幾らの商売って既に割り引きの時点で、色々考えることがある…。

「安く買えた方が嬉しい。無料は嬉しい。」というのは、私も消費者だから分かるし、親しい人には気持ち安く・・とか、時には無料で・・・という事は提供者側の方にもあると思います。一概にこう!とは言えないのが難しい所。決まりを作ればスッキリする分、昔ながらの人情面はなくなってしまう気がするし・・・でも昔は所謂企業や会社で働く人の方が圧倒的に少なかったから、お互い分かってて成り立ったのかもしれませんね。でも、要するにそれを八百屋で値切る時に、このオマケの分でこのオヤジさんは明日コーヒー1杯飲めるのかも・・・位に思うだけでもかなり違うような気もします。受け取り側がそれを当たり前と思ってる様子か、そうでないか…と言うだけでかなり違うかもしれない。代わりにコーヒー券をあげるというのも、またそれはそれで交流が生まれて楽しいかも。個人的にはそういうの嫌いじゃないんです。まぁどの程度八百屋のオジサンと親しいかにもよるし…やっぱり一概には言えない(^^;

八百屋のオジサンはともかくも、自分の経験からも、上記の市の「無償プロデザイナー募集」の記事の話を聞いても特に驚きませんでした。更に言えば実際この手の話は結構あると思います。確かに公共の場での大きいイベントは宣伝になり、かりにその事自体が無料奉仕でも、(時間と労力の)投資として、有益と考えるアーティストは居ると思います。ただ市が「デザインの力で、行政を変える!!」と力強いスローガンを打ち出しつつも、ほんの一円の予算も割く気ナイですという考えが切ないなとは思いました。そして、宣伝効果と投資のバランスを真剣に考えるのは、アーティスト本人、マネージメント、イベント主催者などしてる人位で、一般の人はそこまで深く考えないから、あまり公けに無料をアピールされると、ちょっと仕事がある段階なら躊躇しますね。その後の連鎖が怖い。ギャラのお話などは芸能人とかゴシップでガンガン出てきますが、イベント規模によって払える額も違ってきますし、実際には声高らかには言わないです普通(こと、ボランティアに近い場合)。

でもきっと上に書いた理由から、公務員の人達にはフリーランスアーティストの事情など、まぁ想像し難かったのだろうなぁ・・・と。などと考えていた所に、ある方のホームページに、その噂の募集要項の当初の内容があがっていました。

1.業務内容

以下の項目のいずれか、または両方も可。
・天王寺区役所が実施する事業のポスター・チラシのデザイン案作成
・天王寺区役所が作成するポスター・チラシ・ホームページレイアウトに対してのデザイン面でのアドバイス

[中略]

4.応募条件

・デザインにかかる実務経験をお持ちの方
・デザインにかかる業務を行っている法人(デザイン学校等も含む)
・美術学校または専門学校等でデザインについての知識を学んでいる学生

5.報酬

なし

最後に、え?ってなるオチです。

一気に、こりゃ怒りも買うわなぁ〜と思いました。これ書き方の問題も多いにあると思います。この「なし」という一言に込められる「当たり前だろ」感。その前の一定条件(経験がなきゃダメだとかetc.)を突き付け「アマチュアなんてお断りよ!」と高飛車っておきながらの、最後の一言。素晴らしい、さすが…。これを読んだ読み手がどう思うかという事は一切考えられてるようには思えず、どう好意的に読んでも、アーティスト事情の理解云々の前に、デザイナー業に対する全面的NOリスペクトが感じられますね。
この気の使い様のなさは、「市」が率先してプロのアーティストの無料使用を推奨してると問題視されても仕方ない。とにかく「無名アーティスト」は私達が宣伝してあげるだけで感謝するはず!という考え以外はなかったのだろうでしょうが、結局一番「怒りの琴線」に触れるのは、尊重されてる感があるか無いか・・・な気がしますね。

私はその昔とある方に「結局エンターテイメントってそういう世界だよね。成功すれば異常な程に崇められ法外な値段が稼げて、そうでなければ全然稼げない。雲泥の差。」と言われて、なんか妙に納得してしまいました。そういう世界に自ら入ったんだし、仕方ないのか。

結局皆大変だからこういう風にニュースになる前に「いつか見返りがあるかも」と思って現状を受け入れることはあると思います。それで何だか分からないオジサンとかに「無料でやってやって、皆が驚くような感動を呼んで、やっぱりプロは違うって思わせれば良いんだ!それ位の勢いで行ってみろ!」とか説教され。そんな簡単に怒涛の感動を起こせるようなら苦労しないがな…と思いつつ、結局それ位しか抵抗手段がないみたいな。

それにしても、意外な所でボランティア。ヨーロッパはそういう所はありますが、意外と気持ちよく「オマケと感謝の意」が上手く両立出来てる事が多いかな?と思います。無理な時はNOとハッキリ断れる性質からも来ているのかもしれないし、キリスト教の「隣人のために」精神からかもしれない。でもGiveばっかりだと(GIVEばっかり要求されると)段々無理が出てくるのは間違いないです。所詮人間は天使ではないので。

そんな事を考えながら読んでました。

元記事についていたリンク「好きな人に翻訳断られました」プロの翻訳家に幾度も無料で翻訳をお願いし、「ご依頼は翻訳会社を経由して下さい」と言われるも、知り合いにお金を要求するのはマナー違反と主張する方の相談が炎上

これもある意味面白いのでお暇な人は是非。あまりに有り得ない見解の投稿でヤラセなんじゃないか?と思いました(笑)でもさすがに、反対意見が多くて安心しました(^^;御本人は英語が全く分からないと言いつつ、「私だったら、喜んでチャチャっと訳します」と言ってる辺りが憎いですね。出来ないことを言わないように。でもこの人はきっと変な人。

ではでは白黒とハッキリ言える話題でもないので(この最後の翻訳の人は完全に白黒言えますが)、この辺で(十分長かったですね)


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:井戸端編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。