♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2012年12月15日

年に3回心機一転。

日本に冬に一時帰国することになって、一週早めに切り上げる事になったので、今日が今年最後のレッスンでした。早い〜・・・

2013年が来てしまう。2013年は心機一転・・と言いかけて思ったのですよ。なんだかんだいって、一年4ヶ月に一回くらい”心機一転”とか言ってる。

4月が来ると、日本人の生徒や日本にいる甥・姪が一学年上がって、在日本の友人が”新年度モード”にはいるので、つられて抱負立ててみたり。。9月になると今度こっちの新年度だから、それに合わせて色々始めたくなったり、抱負立ててみたくなったり、12月になると誕生日&新年でなんかこう心機一転抱負をとかいって。
回転しすぎて360度回っちゃいますな。

ということで、心機一転というより、今まで通り頑張ろうと思います。2013年、家内安全、商売繁盛・・を願いたい所です。まぁ何事も神様にお任せして与えられた道を一生懸命歩もうと思います。神様も応援したくなる位。今までもそうだったので、これからもそんな感じで。



応援お願いします♪



posted by お喋り笛吹き at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:井戸端編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

地球ラジオ(NHK第一放送)出演します(^^)

夏休み音楽セミナー in ディナン 8月6日〜12日
ベルギーの歴史ある街ディナンでの音楽セミナーで講師をします。初心者〜音大生、子ども〜大人まで、色んな国籍の人達が参加する楽しいセミナーです。本場ヨーロッパで、フルートレッスンを受けてみませんか?詳しくはコチラ


久しぶりに晴れました晴れ

6月16日(土)にNHK総合第一ラジオの、”地球ラジオ”という番組にちょこっと出演します。音楽の事じゃなくて、ベルギーの事話します。ベルギーの夏の今の時期のこととか、ベルギーの節電対策とか・・・・。
実は節電対策細かい事は全然分からなくて、結構調べました。こんなことでもないと調べないし、調べるというのはいい事ですね。
今、調べて書く事に凝ってます。自分の頭の中から湧いて出てくることなんて、たかが知れてるからね。でも自分のブログを読んでる限りは、ちっともそういう知識性を感じないですけど( ´∀`)

仏語ブログもなんとなく自分の演奏活動記だけでなくて、日本の紹介などを主に書いてるんですが・・・気付いたら、アンコがパンケーキに乗ってるのだよとか、スパゲティが中華麺になるとか、そんなのばかりに。。。もっと知的な日本文化をを紹介して行きたいと思います!


さて地球ラジオですが、ネットで検索したり、ベルギー人の知人に聞いたりしたのですが、久しぶりにコンタクトを取ったモンス音楽院で一緒だった子が、政界に乗り出している事が分かったりして面白かったです。いつか国会議員になってたりして。

ということで、ラジオをお持ちの方是非お聞き下さい。日本時間は夕方ですが、こちらは朝なので、滑舌良く話せるように頑張ります。番組は夕方五時〜。私は五時八分くらいからと、15分位からと、2回出ます。

インターネットラジオはこちらみたいです。
http://www.nhk.or.jp/gr/gronair/onair.html


応援お願いします♪


東京ブリュッセルトリオ 日本初公演決定!
9月12日横浜みなとみらい小ホール&9月16日東京オペラシティリサイタルホール詳しくはコチラ

ニコラ・デルタイユ氏のCDはコチラから!

posted by お喋り笛吹き at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:井戸端編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

手動・自動。

夏休み音楽セミナー in ディナン 8月6日〜12日
ベルギーの歴史ある街ディナンでの音楽セミナーで講師をします。初心者〜音大生、子ども〜大人まで、色んな国籍の人達が参加する楽しいセミナーです。本場ヨーロッパで、フルートレッスンを受けてみませんか?詳しくはコチラ

東京ブリュッセルトリオ 日本初公演決定!
9月12日横浜みなとみらい小ホール&9月16日東京オペラシティリサイタルホール詳しくはコチラ


ある出版社のサイトを読んでました。
作家は手書きなのか、ワープロ打なのかって思って。

読んでみたら、やっぱり圧倒的にワープロ打みたいですね。

ある作家さんが、手書きだと時間とエネルギー使う。けど、実はそれ位体力使ってエネルギー使って書いてこそなのかもしれない(超簡易化しました)って仰ってて。

なんか分かる気がします。クラシック系作曲の人は楽譜作成プログラム打ち込みで作曲することはないと思うんですが、そこらへんから持って来たのを混ぜ混ぜしてボタンを押して作ってみた、みたいな曲って心打たれる事はまずないからな。
以前料理教室(健康食)してた友人が、たかが千切りを包丁じゃなくてフードプロッセッサー使うと言ってた時はなんか引いたので、やっぱり”手”という字には、魂とプライド、技がある感じがして惹かれますね。

とはいえ、原稿用紙400ー500枚分書きながら色々読み直して試行錯誤して整理していたら、そこそこ体力は使いそうです。横文字の世界は結構前からタイプライター打ちでもちゃんと名文学は生まれてますし、ようは試行錯誤しないと、垂れ流しになるのでしょう。。。。

確かに、作家のイメージってふと思いついた所で、カバンから原稿用紙だしてペンを走らせるイメージ。ふと思いついた所で、パソコン開いてジャーンと音がなり立ち上がるのを待って・・とか、ふと思いついた所で携帯だして早撃ち。。。じゃなんかイメージが崩れる。 まぁ筆を走らせるとか、レースカーテンの舞う出窓、素敵なティーポットと紅茶がテーブルの上に置いてある部屋で、美しい格好をしたフルーティストが美しいメロディーを奏でながら練習している・・っていうイメージと同じ位虚像かね( ´∀`)

私も手書きが好きですが、本一冊書こうと思ったら、最低でも原稿用紙4〜500枚は書くと思うと、右手が痛くなりそうです。考えてみれば、清少納言や紫式部はスゴい。一体どれだけの体力を使ったのだろう!しかも全部ひらがな!

来週は・・・4TEMPIのCD録音です!こればっかりはボタンでって分けにもいかないので、完全アナログ!練習しなくちゃ。


応援お願いします♪


ニコラ・デルタイユ氏のCDはコチラから!
posted by お喋り笛吹き at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談:井戸端編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。