♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2015年01月16日

シャルリ・エブドの事件〜

先週のパリ新聞社の襲撃事件、そして続く警察官殺傷事件、二箇所での人質立て篭り事件…一連の事件の後の、フランス戦後最大規模のデモ。一週間で随分と色んなことがあり、そして昨日は、ベルギーのヴェルヴィエというリエージュに近い小さな街でもテロリストアジト突撃がありました。今のところ情報はまだ交錯してるようですが…9.11の時や、マドリッドでの時もブリュッセルで逮捕者が出たと思うので…あまり驚きはしませんが。ヴェルヴィエという田舎町だったのはちょっと驚きました。

「表現の自由を守れ」という声と、「表現の自由はどこまで許されるのか」という声と…この1点に絞って討論するというような雰囲気もないまま、というより、まだ色んな論点が入り乱れている印象を受けます。フランスの大臣は「フランスでは宗教も笑いのネタにしても良い」と言っていました。ローマ教皇は「ある程度のレスペクトを持つのは当然」と言っていました。
ただ恐らくテロリストにとっては、そんなことはどうでも良い事で、所詮口実であろうということです。モハメッドを馬鹿にしたことが許せないという怒りを持ったムスリムは多くいたとしても、「殺してやれ」までは普通は行かない。そういった利用出来る出来事があったから攻撃の対象になってしまったのであり、この風刺画がなかったら何も起きなかったかといえば、そうではないだろうと思うので、「表現の自由」という問題と、「アンチテロ、アンチイスラム過激派」の話は別のことだと思います。

戦後最大規模のデモではユーロ各国首脳が参加して、更にはネタニヤフや、アッバス首相まで参加するという…メディアだけ見てると完全に政治絡んできてる感じのデモになってますが、実際参加された方のレポを読んでみると、「表現の自由がどこまで許されるのか」ということはさて置いて、テロという手段に反対、ジハードに反対、人種偏見に反対、イスラム教偏見に反対、民族の対立に反対ということで参加した人達も沢山いたようです。

「私はシャルリ」というキャッチフレーズが誕生したのもあり、一歩引いて見てる感じです。キャッチフレーズとか「欲しがりません、勝つまでは」じゃないけど、集団心理で思考を止めてしまう要素の一つだし、何となくそのまま政治に利用されて行ってしまうのでは…と思ったりして。

フランスは特に革命やら色々通り過ぎて、政教分離が進み、西洋文化圏は全体的に「宗教的であることは過去のものであり、遅れてる生き方、規律を守るなど自由のない可哀想な生き方」という目線があるように常々感じます。「本当に素敵な生き方というのものを私達が教えてあげよう」というちょっと御節介なオバちゃんみたいな上から目線は否めない。だからそれがイスラム圏の人の鼻に付く…と言われれば、分からないでもないのです、その気持ち。

私の感覚からすると、他文化の背景を理解する事なく、彼らが尊重するものをコケにして「これはユーモアですから」とか言う方が太々しく感じてしまいますが、一方でフランス人にとってモハメッドを笑うというのは、自分達のイデオロギーの主張でもあると思うのです。フランス人にとって「自由」「平等」は輸入品ではなく、自分達で勝ち取って来たものという自負があり、「表現の自由」は侵されてはならない神聖な領域…とも言える。イスラム教徒にとってはまず宗教の規律が一番正しくて、フランス人にとっては自分達のイデオロギーが一番正しいので、一番vs一番はそう簡単には解決しなさそう。

それとは別に、今回の大きな反応は、イスラム諸国からの移民問題に嫌気がさしていて、今回の事件以前からの沸々としていたものが爆発した的な物を感じます。友人の話を聞いていてもそう思います。「私達は彼らを(国に)受け入れたのに、彼らは私達の文化・風習何一つ受け入れようとせず、社会保障制度だけ良いように利用したせいで法律はどんどん変わって今では生粋のフランス人が社会保障制度を受けられなくなった。教育も全く行われず、治安は悪くなる一方。」と溜まってた事を吐き出すように言ってました。そこにベルギー人が反応して「受け入れるって言ったって、移民がありつく仕事はフランス人がしたくないような仕事で住居環境は最悪じゃん」って言ってました。実際、サルコジが移民制限を打ち出してた時は「移民は必要!家政婦とか掃除夫とか私達には必要なのよ!」って普通に言ってた人もいたし…。けど、フランス人友人が言いたい事も、実際生活していく上で分かるんですよね…私の払った税金は彼らの失業保険(そもそも働く気ナシ)に使われて行くという不満。

ただイスラム国というテロ組織は話がちょっと別で…西洋から相当の数の若者が戦闘兵としてシリアに向かってるようですね。大体が社会に馴染めてない、社会で不当な扱いを受けていると思う思春期〜青年期の若者らしいですが。BCCかなんかで、まずは国内のその問題を解決すべきだって言ってる方がいました。根は深い問題だと思うのですが。。。

ただここでイスラム過激派VS・・・ならまだ良いですが、イスラムVS西洋という形になってしまうと、それこそ思うがままな気も。

今の世の中、どこにいても危険と隣り合わせそうだなぁ。毎日平和を祈りましょう。


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ

posted by お喋り笛吹き at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

明けましておめでとうございます♪

明けましておめでとうございまするんるん今年もどうぞこの拙いブログ&お喋り笛吹きの音楽活動その他の応援、宜しくお願いいたしますexclamation

お正月ムードがないので、年明けはカウントダウンにかかっているここベルギー。5-4-3-2-1-明けた〜、バンザーイヽ(´▽`)ノ で正月イベントの98%はお終いです。

今年はブリュッセルのバトミントン友人&F女時代の友人と、友人宅で爆竹の音が外で聞こえる中、静かに8人くらいでカウントダウン。年末は落ち着くのがいいね。
「ジェスチャーで本/歌/映画のタイトルを当てよう」&「私は誰」ゲームをしつつカウントダウン待ち。王子は世界中の誰も知らないようなことを詳細まで知ってるけど、世界中の人が知ってそうな俳優や歌を知らないので、彼が普通にゲーム出来るのか、そしていつも王子な彼に果たしてジェスチャーが出来るのか?と少し心配でしたが、出題者の配慮で王子も知ってる人物がお題にのぼり、ジェスチャーも普段の冷静な動作を乱すことなく、知的にスススっとこなしていました。

Numériser 1.jpeg

ちなみに「私は誰ゲーム」では、彼はベルギー人格闘家俳優、ジャン=クロード ヴァン=ダムさんがお題でしたが、なんと3、4つ位の質問で当ててしまいました。皆が「すごーい!」「Wow!」という中、「ニコッ」と笑みだけの王子。ガッツポーズとか「Yeah!」とか言って乱さない辺り、さすが王子。
私は、自分がそんな高尚なゲームを果たして英語で出来るのか心配でしたが、意外と英語能力いらない感じで楽しかった。皆で集まってゲームっていうと、椅子取りゲームとか、ハンカチ落としとか、老体には体力的にしんどいゲームしか思いつかなかったですが、こういうゲームは良いかも(^^)王子の違う面もみれたし、ゲームの存在も知れたし、2014年の新鮮なことの一つに数えられる行事でした。


最後は2015年抱負を皆で述べてみました。

私は去年「密かに抱いているプロジェクト2の推進」が抱負だったのですが、密かすぎて何がプロジェクト2だったのか、自分でも忘れました。だから抱負を達成したのか分かりません。
るんるん目指せクラシカルフルート初コンサート は、残念ながら達成せず、でもトラベルソはぎりぎり達成。
ビル毎年恒例モーツアルトフェスティバル、講習会・お教室etc.教えるお仕事の充実と発展 は、それなりに達成出来たかな。
パンチ独自の世界を切り開くベしは、達成したのかしてないのかよくわからないけど、引き続き今年もその方向で。

今年の抱負、昨日発表したのは、
CD新たなCD制作
TV現在4000回再生のYOUTUBEのビデオ、フルートの冥と、篠笛の花の再生会数10000万回達成exclamationです。でもこれって私が頑張ることじゃないよなたらーっ(汗)

改めて、今年の抱負は

立てた計画は守るようにする
電話嫌いを克服する
説明が分かりやすい人になるかな

それでは2015年が皆様にとって良い年となりますように!


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ








posted by お喋り笛吹き at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

ルーヴァン観光

今日は旅行気分で友人と隣町ルーヴァンに。首都ブリュッセルから急行電車で20分位。友人曰く「川崎」な辺りのルーヴァンです。歴史は古く10世紀くらいにはもう歴史に誕生するようです。有名な、ルーヴァン・カトリック大学があります。

ブリュッセルからは遠くないんですけど…、まずは早速のように電車が来ませんでした。特に遅れるっていう表示も出てなかったのですが、普通に来ないっていう。電光掲示板をずーっと見つめていると、突然パッ!!と案内が消えて、「この電車は無期限に遅れます」という表示が。ふーむ…さすが、ストを頻繁にするだけの会社なことはあるな。10分後に急行ではないけれど、準急位のルーヴァン行きが来たので、気を取り直してレッツゴー。

ルーヴァンは2、3回行った事あるんですが、そんなにしっかり歩いて回った事はないのです。夜にちょろっととか、昼にちょろっととか、駅で下ろしてもらったとか(^^;そんだけ。日本の友人の方がよっぽどしっかり色々知ってました。

ドイツ軍に焼かれて、意地で建て直したと言うルーヴァン大学図書館↓(今日は閉館でした)
image.jpg

それからベギン会修道院を散策
image.jpg

image.jpg

中心街にある聖ピータース教会は、6年くらい前に演奏に行った事がありました。もう6年くらい前なのかと、そっちに驚きました。。。
image.jpg

中は改装中みたいで、あるガラス張りのお部屋に聖像らしきものが幾つか置いてありました↓
image.jpg
これが、何か聖人達の待合室に見えるっていう(^^;言われてみると、奥の方が携帯を持っているポジションにさえ見えて・・・SNCB(国鉄)電車待ちかしら。

そしてダミアン神父の教会というところに行きました。
image-bb3c8.jpg
このダミアン神父はこのルーヴァン近郊の街トレモロ生まれで、ルーヴァン・カトリック大学で勉強し、ハワイのモロカイ島というところで、たった一人自分から派遣を志願し、ハンセン病患者の世話をした方だそうです。彼の生涯は、私も今日知ったので、ウィキペディアなどで見て下さい。ベルギーに来て10年以上、初めてこの方のお名前を知りました。現在はこの教会にお墓があるそうです。ベルギーで20世紀に入ってからカトリック教会の聖人指定(?)になった人だそうで、聖職者とはいえ…強い勇気と召命感が与えられたのだろうなと。。。街の片隅にあるシンプルな建物の教会ですが、心にくるものはずっしりでした。

土曜日には雪が降り、一昨日と昨日は寒かったベルギー。池も凍ってました↓
image-1eb62.jpg
石を投げたけど、全く割れなかったので厚めの氷だったんだと思います。

日が暮れるのが早いので、帰るころにはライトアップされていました。
image-ef192.jpg

フェリス時代の友人の彼女にはベルギーに別の音楽家の友人がいらっしゃいまして、その方にルーヴァンを案内頂きました。実はそのベルギー在住のご友人の方には、別のベルギー在住の共通の友人がいるので、時々お見かけはしてたのですが・・・でも今回初めてお話出来ました。何だか音楽の世界の繋がりはスゴいな(^^)
そんなこんなで、Lemmensinstituut という音大の外側もちょっと拝見。Lemmensというのはオルガン奏者から取られた名前なようです。知らなかった。沢山勉強になったルーヴァン観光でした。

大学時代の友人とじっくり話す機会は最近はあんまりないので、何だか不思議です。皆色んな道を歩んでるのねぇ。大学受験前は、大学で全てが決まる!人生の全てが!!!位の勢いで思ってたけど、私の人生では通過点に過ぎなかったですね。あの受験に対するあのプレッシャーと重荷は何だったんだろうっていう。逆に、大学4年間は人生の中でたった4年なのに密度の濃い時間でした(学外活動含め大学時代全体ですが)。私の場合、師匠の西沢幸彦先生という方が素晴らしい方だったということもあるけれど、既に日本の音大時代から、自由で枠にはめられている感もなく育ててもらって良かったな〜と思います。西洋に来ちゃって余計そう思うようになったのかもしれませんが、人の人生は人それぞれだからね。

なんて、最後はルーヴァンから大分離れた話に(^^;

今年もブログをご愛読頂きありがとうございました。

また来年も宜しく御願い致します。


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ
posted by お喋り笛吹き at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。