♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2014年12月03日

12月。イルフェグリとストライキ in ベルギー

早くも12月!!!年の瀬、師走ですね。日本語サイトでは忘年会なんて言葉が見えて来てますが、ヨーロッパではクリスマスマーケットや、クリスマスオーナメントが目立つようになりました。そして、急に冷え込んで毎日イルフェグリー(灰色の天気)。

私は冬の服が暗い色が多い事に気付いて、イルフェグリーの中にいると余計暗くなるかなと、明るい色の服を先日買いに行きました。クリスマスは家族とパーティー、大晦日の日もパーティーと、パーティーシーズンなので、あちらこちらで素敵なドレスを売っています。入用な人は、今なら選択肢が多いかも。

私は別にドレスは用事がないので、普通に普段着を買っただけですが、今年は芥子色が流行ってるのかな?結構見かけたので1つ購入しました。暗いなかでも発色出来る感じで良いかと。これで冬も寂しくなさそうですが、今年は少し心に余裕があるのか、毎年憂鬱でどこまでも私を落ち込ませるイルフェグリが、風情のある風景にさえ見えています。毎年、毎年、どうしたらこのイルフェグリを楽しめるのか、絵を習うべきか、詩人になるべきか、爽やかに汗をかく室内スポーツでもするべきか…と悩んでいたのに、絵も習わず、詩人にもならず、汗もかいてないのに今年はOK。心の持ち様ってことですね。

毎年このイルフェグリーの頃になると、人生に嫌気をさしたかのように、全国ネットでストが始まり、さらに憂鬱が増すのですが、今年はこれでもかというスト回数にも関わらずあまり嫌気がささない。心の持ち様とは素晴らしいですね。ちなみに、今年は既に1回、国鉄が昨日別途1回、さらに来週8日(月)、15日(月)に2回です。交通機関やら、なんやら色々ストップすることでしょう。

ノルウェーに行くちょっと前にもあったのですが、4TEMPIメンバーのKはストは嫌いなようです。もう古い抵抗の仕方だって。自分達の現在の労働条件はそこまで悪くないし、子供達を犠牲にしてストするのは嫌だ。自分はストなんかしないで教える方が良い。特に交通網関連のストのために、親の死に目に会えなかったり、病院に間に合わなかったり…色んな弊害が出ていて、それだけの価値のあるストには思えないと。

ストの王国フランス人メンバーのAは、本当フランスはストし過ぎ・・・とウンザリ。そういえば、以前知人の知人辺りが、エールフランスに乗ったら食べ物部門のストライキで、フライト中1回も御飯が出なかったとか。さすが…相手のことなど知ったこっちゃねぇという精神が。。。。ご当人はもう絶対にエールフランスには乗らないって言っていたということで、ストライキは成功なんでしょうか。

ノルウェー人のCもフランスでのストのせいでの最悪経験を語り、日本人の私は「日本はストしないからねぇ。まぁフランスもベルギーも国鉄とかあの仕事の質でストするのは、日本人からしたら意味不明だけどね。」と取り合えず4TEMPIは誰もスト賛成派の人はいないようです。王子も先日のナショナルストライキデーの日に普通に教えに行っていました。公務員だから出来るはずだけど。労働条件云々より、生徒が試験に間に合わないと言う方が気持ち的に重要なようです。

ちなみに私はストしたことないです。自由業だから出来ないのかな?まぁ音楽家って、ストなんかしようものなら、他の人が仕事取ってちゃうからね。音楽家は労働条件が良いようにも思えないけど…ストもあんまりしないような。ストが出来る人達というのは、逆に言うなら、安定の職がある人達ってことなんでしょうかね。

humeur_1083_greve-generale-Belgique.jpg
ストの風刺画。左が新首相 - 右が労働組合。政府も発足したばかりなので「まだ何もしてないんですけど」と言っているという…私にしてみたら暇つぶし兼ねてるから、何かしてもしなくてもストはするということなのだと思いますが。


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

ブリュッセル生活満喫&ラーメン@イクセル

先日の馬に乗った警官は、車の入れない細い道や公園にも入れるようにらしいです。アムステルダムでは走る警察馬を見た!という目撃証言も。結構な迫力らしいです。私もいつか見たい。

さて今日はとっても久しぶりにまともな御飯作りをしました。10月は両親が来ていたので、食事作りは父親担当。3週間も父親が作ってくれて、母が掃除してくれて・・・・。両親の帰国後は直ぐにノルウェー遠征。帰って来たら入れ替わりで王子はイスラエルに行っちゃうし、私は風邪ひいたしで、かれこれ1ヶ月以上「まともな御飯」というものを作ってなかったのです。久々にスーパーで食材選んで買って、まともな時間にまともに夕飯…いや〜、懐かしい。さぁ〜家事も頑張ろう。

そして先日日曜日に近所に最近オープンしたラーメン屋さん「麺真」に初めて行きました♪♪♪王子は豚食べないから、基本ラーメン屋には行かないので、王子の留守中にGO!柚子塩ラーメンをいただきました。美味しかった〜♪♪ケルンからの来訪者曰く「今の日本のラーメンの味がする」だそうです。小麦粉はベルギー産のを使用してるらしいです。産地が近いから状態が良いのだとか。着いた時はULBとかの学生でしょうか、若い現地人で賑わっていました。ラーメンメニューはシンプルに5品ラーメンくらいだったかな。次はふつうの塩ラーメンにしようかな。

そうそう、メンマが美味しかったのです。私はメンマは苦手で普段食べないのですが、同行者がメンマが美味しいというので食べたら、本当、美味しかったです。そもそも竹の子が苦手で春の旬のたけのこ以外食べれない。匂いが苦手なようです。めんまはヘニョーンという歯触りも加わって余計苦手なのです。普段メンマ食べないから、比較は出来ないのですが、竹の子独特の歯触りも匂いもなくて、何か柔らか肉厚??って感じで美味しかった。本当に竹の子から作ってるのでしょうかね。美味しかったです。麺真って名前な位なので、自信作なんでしょう(Facebookページにも麺媽への熱いコメントが載っていました)

image.jpg
ゆず塩ラーメン

image.jpg
日本人制作のベルギービールの欧和ビールと一緒に。欧和さん(ビールの作者)最近会ってないけど元気かしら。

ラーメン屋さんがオープンするみたいなことは予々噂で聞いていたのですが、どこにオープンするのか・・・などは何も知らず。開店前にたまたま店の前を通りかかったら、知り合いの人が通気口になる銀色のパイプを運んでいて、そこにラーメン屋さんがオープンすることを知りました。私は流行に疎く、話題のお店に行こう行こうなんて言っているうちに1年とか3年とか経っちゃうので、オープンして1ヶ月位?の間に行けた事がとても幸せです。

次に待つのは…お好み焼きータコ焼き、和風パスタのお店かな。

もう気付けば今年も終わりが近づいてますね。今年は年明けから、イスラエル、ノルウェー、パリで出張レッスンを始め、日本で東京ブリュッセルトリオのツアーがあったり。夏もディナン、南仏、ペルージャ、フィレンツェに行き、秋にもまたパリ、イギリス、ノルウェー行って・・・と結構移動が多く、新しい出会い、懐かしい方々との再会に恵まれつつも、ブリュッセルに居る時も何故か忙しくて、あんまり普段会っている友人に会えぬまま一年経ってしまいました。これからしばらくブリュッセル。ブリュッセル満喫のブログになりそうです。


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

馬に乗った警官隊 in ベルギー

時々馬に乗った警察官いますよね。私はあの馬が走ってるのを見た事がないのですが、警察隊が何故馬に乗っていなければならないのかを御存知の方いらっしゃいますか?

私はなんとなく「オスカルも馬に乗ってたし」というイメージが先行して、そういう疑問を抱いた事がなかったのですが、知人が「あの優雅にお散歩するかのような警官隊の馬達・・・」と提議して、言われてみれば何故馬に??と思ったのです。旧市街の雰囲気を出したいとかいう目的以外に何か意味はあるのか。

馬で走れば本来速いはずだから、現行犯逮捕にも繋がりそうですが、サイレン付けてないから道路横断は危険。蹄の音はかなり聞こえるので歩行者は避けれるかなとも思いますが、実際にはオスカルのように馬に乗ってハイドーハイドーと走ってくるポリスというのは見た事がないのです。そして犯人を馬に蹴ってもらえば、かなりの打撃を与えられそうですが、同時に馬は手加減(足加減?)が出来るか分からないから命の危険もあるし。。。何故馬に乗っているのか。あの馬警官隊の意味を知りたいのです。

提議した知人は「あの馬に乗った警察官は」上からの視線で、注意を払ってるのかもしれないと言っていました。確かに一理ありそうです。不審な行動は、人込みの中より一つ頭が出てるか、一つ頭が引っ込んでるか位の方が見えやすいでしょう。それ(だけ)が理由なのか?
patrouilleCav.jpg

しかしあの馬さん達は時々売買されるようです。警察のサイトに載ってるかな?と思って見たら「馬の購入」という項目があって驚き。誰が買うの?普段はパトロールとか、王室行事の時などに活躍するようですが…旧市街を歩くあの馬警官隊。優雅さだけの目的ではないはず。。。何なのでしょう。

馬からは脱線しますが、パリに行くと機関銃を持った兵士や警察官がいますが、あれも初めて見た時は驚きました。「こんなに装備した警察官がいるなら安心出来る!」という安心感より、あんなスゴい銃を撃ち放たれたら、犯人より前にこっちが流れ弾に当たるんじゃないか?という。。。。銃なんて映画では街の中で犯人狙って撃ってますが…あれは逃げる一般市民の運動神経も良くないと成り立たないのではないだろうかと、現実の世界で銃を持った人がいると急にリアルに考えてしまうのです。

ベルギーでも警察がたまにバスとか乗ってくると結構取りやすそうな所に銃が入っていて、(多分ちゃんと盗難防止にはなってると思うけど)、混んでたりするととても間近に銃が見えます。でも、あれをサっと抜き取ってバンバン!と撃とうという気はあんまり起きませんね。実際間近で見るとやっぱり怖い。

それにしても馬警官隊の存在の意味を御存知の方、あるいは、あの馬警官隊が闊歩して走って行くのを見た事がある!なんて方、教えて下さい。あの馬警備隊は旧市街の優雅さを出すためだけだとしたら、日本のおまわりさんが江戸辺りでは「御用」って書いてある提灯を持ってるようなものってことですよね。

年末に向けてますますスリが増えるようですから、皆さんもお気をつけて。


応援お願いします♪


posted by お喋り笛吹き at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。