♪お喋り笛吹きによるフルートブログ♪
「フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!」

2015年01月16日

シャルリ・エブドの事件〜

先週のパリ新聞社の襲撃事件、そして続く警察官殺傷事件、二箇所での人質立て篭り事件…一連の事件の後の、フランス戦後最大規模のデモ。一週間で随分と色んなことがあり、そして昨日は、ベルギーのヴェルヴィエというリエージュに近い小さな街でもテロリストアジト突撃がありました。今のところ情報はまだ交錯してるようですが…9.11の時や、マドリッドでの時もブリュッセルで逮捕者が出たと思うので…あまり驚きはしませんが。ヴェルヴィエという田舎町だったのはちょっと驚きました。

「表現の自由を守れ」という声と、「表現の自由はどこまで許されるのか」という声と…この1点に絞って討論するというような雰囲気もないまま、というより、まだ色んな論点が入り乱れている印象を受けます。フランスの大臣は「フランスでは宗教も笑いのネタにしても良い」と言っていました。ローマ教皇は「ある程度のレスペクトを持つのは当然」と言っていました。
ただ恐らくテロリストにとっては、そんなことはどうでも良い事で、所詮口実であろうということです。モハメッドを馬鹿にしたことが許せないという怒りを持ったムスリムは多くいたとしても、「殺してやれ」までは普通は行かない。そういった利用出来る出来事があったから攻撃の対象になってしまったのであり、この風刺画がなかったら何も起きなかったかといえば、そうではないだろうと思うので、「表現の自由」という問題と、「アンチテロ、アンチイスラム過激派」の話は別のことだと思います。

戦後最大規模のデモではユーロ各国首脳が参加して、更にはネタニヤフや、アッバス首相まで参加するという…メディアだけ見てると完全に政治絡んできてる感じのデモになってますが、実際参加された方のレポを読んでみると、「表現の自由がどこまで許されるのか」ということはさて置いて、テロという手段に反対、ジハードに反対、人種偏見に反対、イスラム教偏見に反対、民族の対立に反対ということで参加した人達も沢山いたようです。

「私はシャルリ」というキャッチフレーズが誕生したのもあり、一歩引いて見てる感じです。キャッチフレーズとか「欲しがりません、勝つまでは」じゃないけど、集団心理で思考を止めてしまう要素の一つだし、何となくそのまま政治に利用されて行ってしまうのでは…と思ったりして。

フランスは特に革命やら色々通り過ぎて、政教分離が進み、西洋文化圏は全体的に「宗教的であることは過去のものであり、遅れてる生き方、規律を守るなど自由のない可哀想な生き方」という目線があるように常々感じます。「本当に素敵な生き方というのものを私達が教えてあげよう」というちょっと御節介なオバちゃんみたいな上から目線は否めない。だからそれがイスラム圏の人の鼻に付く…と言われれば、分からないでもないのです、その気持ち。

私の感覚からすると、他文化の背景を理解する事なく、彼らが尊重するものをコケにして「これはユーモアですから」とか言う方が太々しく感じてしまいますが、一方でフランス人にとってモハメッドを笑うというのは、自分達のイデオロギーの主張でもあると思うのです。フランス人にとって「自由」「平等」は輸入品ではなく、自分達で勝ち取って来たものという自負があり、「表現の自由」は侵されてはならない神聖な領域…とも言える。イスラム教徒にとってはまず宗教の規律が一番正しくて、フランス人にとっては自分達のイデオロギーが一番正しいので、一番vs一番はそう簡単には解決しなさそう。

それとは別に、今回の大きな反応は、イスラム諸国からの移民問題に嫌気がさしていて、今回の事件以前からの沸々としていたものが爆発した的な物を感じます。友人の話を聞いていてもそう思います。「私達は彼らを(国に)受け入れたのに、彼らは私達の文化・風習何一つ受け入れようとせず、社会保障制度だけ良いように利用したせいで法律はどんどん変わって今では生粋のフランス人が社会保障制度を受けられなくなった。教育も全く行われず、治安は悪くなる一方。」と溜まってた事を吐き出すように言ってました。そこにベルギー人が反応して「受け入れるって言ったって、移民がありつく仕事はフランス人がしたくないような仕事で住居環境は最悪じゃん」って言ってました。実際、サルコジが移民制限を打ち出してた時は「移民は必要!家政婦とか掃除夫とか私達には必要なのよ!」って普通に言ってた人もいたし…。けど、フランス人友人が言いたい事も、実際生活していく上で分かるんですよね…私の払った税金は彼らの失業保険(そもそも働く気ナシ)に使われて行くという不満。

ただイスラム国というテロ組織は話がちょっと別で…西洋から相当の数の若者が戦闘兵としてシリアに向かってるようですね。大体が社会に馴染めてない、社会で不当な扱いを受けていると思う思春期〜青年期の若者らしいですが。BCCかなんかで、まずは国内のその問題を解決すべきだって言ってる方がいました。根は深い問題だと思うのですが。。。

ただここでイスラム過激派VS・・・ならまだ良いですが、イスラムVS西洋という形になってしまうと、それこそ思うがままな気も。

今の世の中、どこにいても危険と隣り合わせそうだなぁ。毎日平和を祈りましょう。


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ

posted by お喋り笛吹き at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

シャルルロワでのコンサート by キャトルテンピ (4TEMPI)

先週の土曜日は4TEMPIで久々のベルギーでのコンサートでした!他のグループや、個人でベルギーでは吹いてたからあんまり気づかなかったけれど、2012年3月ブリュッセルのフラジェー以来な気がします。その後はノルウェーの各地だったような。。。

最近4TEMPIのフェイスブックページもオープンしたので、メンバーがザッと見しながら、なんだかんだ言って色々して来たのねぇと一言。確かに2010年の初ノルウェーツアーとかブルターニュとか、写真を見ると既に時代が違う感が・・・。2011年かにローカルTVに出たときのビデオを皆で懐かしんで見ていました。当時は売り込むために真剣だったけど、子供用コンサートの衣装が似合ってなさすぎて、笑いすぎて目に涙。インタビューの中では、次の目標は日本行きとか言ってて・・・相変わらず日本には行けていませんが、まぁ叶わない目標があった方が精進し続けることが出来てよい!(ということに)

今回のコンサートはソワレ・ミュジカル・ド・モンスールマルシエンヌというコンサートシリーズで、結構有名な方々が演奏されてる由緒ある音楽シリーズだったので、演奏させてもらえて有り難いことです♪
かつて盛んな炭坑都市だったけれど、今は廃れた工業都市になってしまったシャルルロワに属してるモンスールマルシエンヌ。裕福区域ではないんですが、劇場・コンサート会場、音楽シリーズは今でも沢山あって、人々はとっても温かいです。ここ最近少しずつ上昇してきてるようです。空港もあるしね。

コンサート後のレセプション(シャンペン&チップスが出るお喋り会)では、皆さん温かくお話してくれて、CDの売れ行きもとても良くて、サインばっかりしてました。なんか自分の名前を使ったサインを考えたいんですが・・・センスがないので、望美の「美」の右足下の部分をビヨーンと伸ばして♪をつける位しか思いついてません。多分こちらの人には、ゲジゲジの先に♪がついたようにしか見えていないはず。。。。なんか素敵なサインを考えなければ。

今回はCDに録音した曲の他に、バッハのカンタータの編曲や、フュルステナウの曲、地元の作曲家クロード・シキエさんの曲を演奏したりしました。お馴染みのさくらさくらでは、篠笛の説明も少しさせてもらいました♪

次のコンサートはまたまた2月末にノルウェーで日本の音楽とキャトルテンピ。その後はバタバタと日本の音楽でストラスブールとルクセンブルグ。東京ブリュッセルトリオでベルギーで録音の予定です♪

しばらくは練習とネット・・・。

10911471_10152486212196150_2176760702762051293_o.jpg
さくらさくら。篠笛とアルトフルートだけ舞台上で、二人は客席。

10887513_10152486212126150_2531256909088732699_o.jpg
何の曲かは分からないけど、ピッコロ吹いてます。

10750283_10152486212526150_516541488516437687_o.jpg
ソプラノ&3フルート(オッフェンバック)

Concert MsM 10 01 2015 4Tempi (24).JPG
コンサート後。主催者さんとシャルルロワの市議の人。


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ
posted by お喋り笛吹き at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:4TEMPI編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

抱負は本腰&4TEMPIコンサートのお知らせ

新年のレッスン。私は大人の生徒さんをすごく尊敬しているのです。

大人になると本腰を入れて新しい物に取り組めなくなるというか…さすがに笛は新しい物でも何でも大丈夫ですが、同じ楽器でも本業以下のピアノになると適当に初見は出来ても新しい曲とか全然覚えられない。語学に至っては、よもや「分からないアンタが悪いのよ」という、間違ってても自信満々というところだけはシッカリ覚えて、仏語も英語も適当に使ってるだけ。

向上心がないわけではないのですが…「本腰」っていうものが入りきらない感じが…中腰からの次第に引き腰。。。。

自分のドレスとかも自分で作れるようになりたいけど、若干コツを教わりに洋裁教室とか行ってみる?とか密かに思いつつ、多分今までの経験からするに、絶対にお金の無駄遣い。中腰からの次第に引き腰が目に見えてる。チャレンジも続かなかったし、アルクも溜まる一方だったし、NHKラジオも続かなかったし…あ〜今まで一体どれだけのお金を無駄にしてしまったことか…。

だから、お仕事があって、家の事があって、そんな中で強制がないのにちゃんと曲を仕上げられる大人の生徒さんは、なんという意志の持ち主なんだろうと、尊敬してしまうのであります。大人になってから色んなことを学べる生徒さん!素晴らしい!本番がないと本腰が入れられない私が、今でもピアノが一応弾けて、黒鍵と白鍵で視界がグワーンとかならず、ヘ音記号(左手)が読めるのも、そんな大人の生徒さんたちに刺激されつつ伴奏をしようとそれなりに努力してる御陰。生徒に感謝!

そんな中トラベルソで今年はテレマンの12のファンタジーという曲集を全12曲制覇したいと思っています。12月に演奏したのが3番&7番。今日は1番を始めてみたのですが…完全自己満ですが時間が経つのを忘れる程楽しい。さすがテレマン。本番がなくても曲を完成出来る人になりたい。今年の抱負です。1ヶ月1曲だけど、既に2曲吹いてるから、ヴァカンス付で一年。何とかなりそうかな。

さて今週土曜日はフルートアンサンブル4TEMPIのコンサートです。久々のベルギーでのコンサート。それに先立って・・・というわけではないですが、4TEMPIのFACEBOOKページもオープンし、サイトもリニューアルしました!!(仏語の方はまだ出来てないです)是非ちらりと覗きに来て下さい♪
リニューアルサイト : http://www.4-tempi.com/
Facebook ページ : https://www.facebook.com/pages/4Tempi/98753236149

今年も4TEMPI宜しく御願いします♪
10734222_10152399857506150_6592003140631488383_n.jpg

↓コンサート詳しくはこちら↓

1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト


応援お願いします♪




お喋り笛吹き情報
1月10日(土)4TEMPI
Soirée Musicale Mon-Sur-Marchienne
@ Mont-sur-Marchienne(ベルギー/シャルルロワ近郊)
Mont-Sur-Marchienne (Facebook)
イベントサイト

Pur Classic Musikkfest
2月27日(金)東雲 with 辻英明 (ギター&三味線)
2月28日(土)4TEMPI
@トゥーンスベルグ(ノルウェー)
Facebook ページ


posted by お喋り笛吹き at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽:4TEMPI編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。